鳥インフル:韓国全土に感染拡大、農家に48時間の移動中止命令を発令したとのこと。
ひとまず農家のみの移動制限とのことですが、農家間の感染の危険性やその他にも危険視する声は多いようだ。
追記:日本でも28日から29日にかけて鳥インフルが確認された模様。

韓国で起きた鳥インフルの深刻な状況

25日の時点で全国各地で鳥インフルの感染が確認された
農家から最初に届け出があったのが16日
野生の渡り鳥で確認されてからは2週間も経過した後だった。

しかし農林畜産食品部の関係者が「今月10日ウイルスの検体が届いた同時に薬剤散布等を行ったとしている。」

危険度

中国ではH5N6型のウイルスで16人が感染して10人が死亡している
ただし韓国側は、韓国で確認されたH5N6型は他の地域のものと異なると語っているらしい。
食用の生きた鳥を売る市場から鳥インフル(中国の鶏肉問題)
危惧されていることは農家同士の二次感染

日本でも鳥インフルが

鳥インフル、新潟も確認=31万羽の殺処分着手-青森は1万6500羽

 新潟県は29日未明、関川村の養鶏場で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたと発表した。感染の拡大防止に向け、飼育されていた鶏約31万羽全ての殺処分に着手。自衛隊の派遣を要請し、24時間体制で進める。処分した鶏は焼却して地中に埋め、消毒作業も行い、12月2日に終了させる計画だ。

  • 青森県は28日、アヒル
  • 新潟県29日未明飼育されていた鶏
  • ともにH5型ウイルスとのこと。

安倍首相、防疫徹底を指示=鳥インフル
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112900113&g=pol

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザは2000年代以降になってから問題がよく取りざたされるようになりましたが
人に感染したら致死量の高さが危惧されるのが難点。
鳥インフルは通常では感染しないもののウィルスが変異することで人に感染することができパンデミックが起こる危険性をあるウィルスだ。
鳥インフルの流行は、世界で見てもユーラシア大陸近辺では時折起きているものの
アメリカや南アメリカ大陸・オーストラリアでは起きていない。
ブラジル産鳥肉の需要が高まるのだろうか?
水炊きがオイシイシーズンに突入するのに辛いものですが、養鶏場の人は被害甚大だろう。

殺人ウイルスの謎に迫る! 新型インフルエンザはどうして危険なのか? 致死率80%以上の凶悪ウイルスとはなにか? (サイエンス・アイ新書)

ひとごとではない殺人ウイルスの恐怖
鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、エボラ出血熱、マールブルグ出血熱、SARS、エイズ・・・・・・医学が進歩した現代においても、人の命をたやすく奪う殺人ウイルスがたくさんあります。本書では恐るべき殺人ウイルスの正体から治療の最前線まで紹介します。