韓国で反日教育が行われているのは、周知の事実だと思いますが、
それでも日本の高校の中には、修学旅行で韓国にいくオバカな学校があるようで、教育委員会の脳味噌が気になる現状です。
時の韓国大統領によって韓国国内の反日教育の度合いも上下していることは、
2000年代以降だけでも結構報道されていたりするため知っている人は多いと思いますが、『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』というタイトルの本が
販売されていたようなので紹介します。

『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』本の通販

韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態

韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態

反日デモや激しい抗議などを見る限り、韓国ではよほど過激な「反日教育」が行われているように思えるが、実際に韓国の学校で教育を受けてきた著者は「直接的に反日感情を高めるような授業は記憶にない」と語る。
しかし、それは「反日教育が行われていない」ということでは決してない。
あえて反日感情をあおるような手法をとっていないだけで、積極的かつ巧妙に子どもたちに日本に対する負のイメージを高めるような教育が行われているのだ。
韓国の「反日教育」の実態を解き明かすためには、「歴史教科書」だけではなく、「国語」「道徳」「音楽」、さらには「校外学習」のような課外授業にまで目を向ける必要がある。
韓国社会が行っている「反日教育」とはどのようなものなのか?
そしてそれはどのような影響を与えていて、今後どうなっていくのか?
韓国人だから書けた韓国の教育問題に鋭く切り込んだ1冊。

  • メーカー: 崔 碩栄
  • 出版社: 彩図社
  • 発行日:2014-11-25
  • 韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態

    韓国人の目から見た韓国教育について書かれている』ということ。
    過去にも韓国人大学教授が親日的な発言するだけでフルボッコにあっている国の人が
    よくこんな本書く気になったものだと思う。

    日本名、竹島をドクトなどと読んで不法に占拠している韓国ですが、2009年に「独島」と言う教科が誕生して教科書まで作っているというのだから、反日根性に力を注ぎすぎだろうと思う。
    他にも歴史の歪曲や捏造の道徳意識を刷り込んでいるようで、韓国という国の程度が見えそうな本だ。
    OINKもそうですし、どちらにしても韓国という国家が先進国になれない理由は政治が狂っていることに他ならない気がしてならない。
    基本、根底にあるのは、北朝鮮と大差ない国民なのだろうと思えてしまう。

    こんな国で生産しているキムチを販売している『すき家』など、安かろう悪かろうな国で生産した食品は食べたくないし、サムスン製品も使いたくない。

    動画

    動画

    韓国という国は、日本列島消し去る国家です。

    動画

    動画

    韓国という国は、日本列島消し去る国家です。