ホームページで使うドメイン(URL)を、どこの事業者のサービスで取得したら利便性が高くて信頼できるのかの紹介です。
ドメインは、会社やECサイトとして使う場合は、
今後何十年も使う可能性があるサービスなので信頼性は重要だ。

お薦め

バリュードメインで取得するのが便利です。
この理由はドメインを15個以上取得すると、割引があること。
各種ジャンルでドメインごとにサイトを分ける場合にドメインを大量に取得する人は、バリュードメインは欠かせない。

ネットショップを作る場合でもバリュードメインを利用したほうが良い利点は多い。
その次にバリュードメイン間ではユーザー名だけでドメインの譲渡が可能なため
利用ユーザーは多いということ。
他の会社だと、whoisなどで手間が掛かるところをバリュードメインだユーザー名が解ればそのままト譲渡できる。

    他にもバリュードメインの特徴として

  • ドメインオークションがあったり、
  • サービス紹介のアフィリエイト的な還元サービスもある。
  • 運営の経歴も長いことから鉄板のドメインサービスなのは間違いないだろう。

バリュードメインで取得

日本の大手ドメイン会社

2014年度時点では既にGMO傘下になってしまいましたが、
紹介サービスやオークション、ドメインの譲渡はGMOのお名前.comのドメインサービスや、ムームードメインよりも、バリュードメインの方が利便性は高い。
ひとまずドメインを今すぐ取らなくても、バリュードメインのアカウントは持っているとホームページ作成などの際には便利なことは多い。
ムームードメイン

避けたいサービス

逆にお名前.comやFC2ドメインなど、サービスがたまに不具合で管理画面に入れなくなることがある。
WEBサービスは、アクセス出来ないというのでは、イザというときが怖い。
記憶している限りでは、バリュードメインではその手の不具合は聞いたことは無い。
2016年現在までに
たまにDdosなのでアクセスしにくい状況になることは、GMO系ならしばしみられる。

レンタルサーバー会社が提供するドメインサービス
後は、レンタルサーバーで取得可能なドメインサービスは、全体的に割高な料金設定だったりすることが多いので
あまりサーバーで提供しているドメイン取得のサービスはお勧めできない。

海外ドメインについて

海外のドメインサービスを利用したほうが安いことがある。
ただこれは為替の差で安く感じることもあれば、
日本円⇒アメリカドルの手数料でも割高になる可能性もある。
逆にFC2ドメイン(運営はアメリカ)は、日本円で販売しているものの、
最初の頃は更新費用も安かったが、円高から円安に転じた頃に標準価格が値上げしたりしたのでデメリットが大きい。
海外ドメインや海外サーバーなどは為替の値動きの影響で価格が上下するのが痛い。