楽天市場というECサイトサービス。日本ではAmazonやYahooショッピング等と対等のECサイト。
アマゾンは販売も発送もAmazon.co.jpが行うが
楽天市場やYahooショッピングは運営元が発送したり保障することは無い
ショッピングモール型のサイトだ。
このことが取引のトラブルではショップと顧客と直接やりとりになり、
楽天市場が保障を行うことが無いので通販サイトとしては保障の面で弱い。

楽天は今後どうなるか

楽天市場

楽天KOBOやダウンロードコンテンツやCDレンタルなども開始している楽天ですが、元々大量のメール送信だったりと、ユーザーの利便性無視とも思える事から嫌われている感じは強い。
ただし商品の数などでもAmazonよりも食品などでは楽天市場の方が多いため、どうしても既製品ではない製品は楽天市場を利用しないと購入できないことがある。ただしYahooショッピングが出店無料化を2013年に開始したので今後この通販のECサイトのシェアがどのようになるのかは未知数だったりもする。
ショッピングモール型のサイトよりはまだAmazonの方が優勢だろう。
本を購入するにしても、楽天ブックスも送料無料ではあるのですがアマゾンの方が在庫数や取り揃えが多いためアマゾンで買ってしまう。

楽天ポイント

楽天ポイントが貯めることが出来れば楽天市場は割りと使える。

楽天銀行や楽天証券、楽天カードなど 各種楽天のサービスを合わせて利用することで「楽天ポイント」が付与されやすくポイントが溜まり易いことが上げられる。
他にも各種ポイントサービスと交換も可能だったりするので楽天ポイントをためる機械は多い。
楽天市場をお薦めできない理由
文字『楽天市場について』