会社のWEBサイト(ホームページ)作成は何が良いか?ということに関して紹介。
最近では簡単にサイトが作れるCMSや、
GoogleホームページやGimboのようなサイト作成が容易なサービスは溢れている。
独自ドメインも使えて月額料金も安く更新しやすいサービスは探せばわりと多いので、
HTMLやホームページ作成ソフトが解らなくても、WEBサイトを作る事は苦労はしない。
ここでは会社のサイトとして
どのサービスで作ればよいのか?ということを紹介する。

サイト作成のツール

WordPressというサービスを用いる。
CMSの中でも最も世界で使われているサービスがwordpress(ワードプレス)。
クックパッドなどのコーポレートサイトでもwordpressが使われていたり、ソニーPSなどでも一時期ブログか何かで利用されていたはずだ。他の会社でもワードプレスで会社ページは作られていることが多い。
ニュースリリースや社員ブログなどを設置する場合もWordPressが適している。
プラグインを利用すればECサイトなども用意に作れてしまうが、基本的にはプラグインは多様しすぎないほうがいい。
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

レンタルサーバー

レンタルサーバーはWPXというサーバーが無難だ。月額500円からクラウドタイプは契約可能。
PV数が増えてもプラン変更で月間3000万PVまで対応可能。
データベース設定などが他のサービスだと必要ですが、WPXはwordpress特化のサーバーなので、データベースやWordpressのアップロードの必要は無いので初心者にもお勧めできる。

WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

  • 最新の高性能サーバーマシン&高速ネットワーク
  • 大容量100GB、月額1,000円(税抜)~
  • リバースプロキシによるキャッシュなど、専用の高速システムを採用
  • 専用の管理ツールから簡単セットアップ
  • 過去14日間のデータの自動バックアップ機能
  • 独自ドメイン対応 & 1契約につき10個のWordPress運用が可能
  • クラウドのプランでも1ドメインしか設置できないですが、他はレンタルサーバープランと同等の事が可能。