普通のシャンプーは何故駄目なのか?
今まで人の歴史で洗髪は長い歴史があるはずだ。にもかかわらずシャンプーやリンス・コンディショナートリートメントは新しいものが販売されては消えていく。

スポンサード リンク

シャンプー選びの重要性

医学的に進歩していく育毛剤などはまだ理解できる
しかしシャンプーやコンディショナーヘアケアは装飾に過ぎず、
あまり頭髪や毛根に影響しなものと考えられるが新製品のリリースは多い。
これは一重にシャンプーやコンディショナー等のヘアケア製品を販売している会社の利益追求ビジネスモデルでしかない。
荒い上がりすっきりだとか、髪の毛ツヤツヤだとか、指どおりなめらかだとか
そういった機能が毎年新しい製品がバンバンでている現状を考えればどこかの水準で満足でききるはずなのだが。なぜこうも毎年新しい製品が市場に出てくるのだろうか?

  • 次記事リンスを使えば使うほど髪が痛む?
  • 個人的なお勧めは以下

  • ロクシタン
  • 無添加石鹸シャンプーとリンス
  • これらはそう頻繁に新製品には変わらない。(パッケージ変更は、微妙にある程度)