無線でのインターネット接続のサービスがWi-Fiとかが、色々とややっこしいのでメモです。

  • Wi-Fi(わいふぁい)とは
  • 参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/Wi-Fi
    Wi-Fiとは、wireless fidelity の頭文字で、無線LAN機器間の接続が認証されたことを示している名称です。ブランド名のことを示したりする。
    要するに、

    wi-fiは無線でネットに接続できる機器だよ

    ということ。

    1. Wi-Fi⇒無線を使ったインターネット通信
      公衆Wi-Fiなどでは手持ちルーターがなくともネット接続可能
    2. Wi-Fiルーター⇒固定回線に接続するWi-Fi接続をするための無線を飛ばすためのルーター
      ・もしくはモバイル用の携帯ルーター
    3. WiMax⇒KDDIが提供している無線通信(ルーター必須)

    以上の物が主流。

    スポンサード リンク


    元々はノートPCとかモバイル端末向けに作られていたそうなのですが、最近ではもっぱら携帯ゲーム機や携帯音楽プレイヤーに応用されていたりする。携帯電話やスマートフォンにもWi-Fi搭載しているので更に搭載機器は多様化していて、
    今後は家電などもwi-fiで接続していく展望がなされている。

    たまに通信サービスとかと勘違いされてるような印象があるので。メモ書きまでに書き留めておく。

    wimaxとの違い

    また、携帯電話網を由来とした3G(HSPA)やWi-Fiの広域版ともいえるモバイルWiMAXのような高速無線アクセス網をインターネットアクセスのバックボーンとし、二次電池などを内蔵した小型のアクセスポイント「モバイルWi-Fiルーター」製品が出現し、Wi-Fiの弱点である面的なエリア展開を補完している。

    :http://ja.wikipedia.org/wiki/Wi-Fi
    解釈がいまいちピンとこないのですが、このモバイルWi-Fiルーターを混同させるとこんがらがる諸悪の根源。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/モバイルWi-Fiルーター

    モバイルWi-Fiには「各社3G対応機器」 や 「UQ WiMAX対応機器」等があるので混乱する元・・・。

    Wi-Fiスポットなどの、Wi-Fiルーターが設置されている場所で繋げることが可能なサービスなどを「Wi-Fi」と読んでいたりするケースも見かけますが、サービスのことというよりも 無線で接続が可能な機器のことなので勘違いしないでください。
    Wi-Fiルーターが施設されていない地域では当然接続できません。
    Wi-Fiルーターでの接続が出来ないエリアで変わりに、WiMAX(Wimax提供会社のアンテナ)や、3Gの回線(携帯電話会社のアンテナ)を代価に利用するのが、モバイルWi-Fiルーターだと思って良いと思う。
    このことは、Wi-Fiだけで外でネット接続が十分には利用できないことを物語っている。

    そもそもWi-Fiのホットスポットだけの接続では点在しすぎていて、Wi-Fiの電波では横幅のエリアは狭いので、それを補うための無線サービスが、モバイルWi-Fiなのです。

    公衆無線LANというものは、

    公衆無線LAN(こうしゅうむせんラン)とは、無線LANを利用したインターネットへの接続を提供するサービスを指す。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/公衆無線LAN
    一般に接続が開放された無線LANのエリアやスポット(施設等)
    提供している事業者の登録会員になっておかないと利用できないのが不便な点だったりすすることもある。

    Wi2というwi-fiサービス

    Wi2事業戦略説明会(6月25日) [後半]という動画なのですが、
    この会社が提供しているようなサービス形態が「ローミングプロバイダ」と呼ばれる形態なんだろうか。
    http://www.ustream.tv/embed/recorded/8050447
    リンク切れ
    この動画でwi-fiについてのこと語ってる内容のものがあったのでメモ。
    Wi-Fiは基本的には、ルーターと受信側はPC等の機器を接続する。
    この電波が、2.7ghzという電波大域らしくて、横には飛びにくいんだとか。
    公式サイト:Wi2 300 公衆無線LAN|Wi-Fi ソリューションを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレス
    http://wi2.co.jp/jp/300/

    wimax とは、

    WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは無線通信技術の規格のひとつである。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/Wimax
    wimaxはwimax単体で無線のアンテナと手持ちの持ち運び可能なルーターと通信して、PCやスマホなどで接続できるサービス。
    違いは、
    wifiは、建物(施設)に設置されたルーター等と、機器までの接続で
    wimaxはアンテナから、手持ちのルーターとPCなどの機器
    BroadWiMAX

    Broad wimax -ブロードワイマックス

    wimax等をイメージするとこんな感じ?

    携帯はわからないので省略。
    (携帯の電波と、モバイルのデータ通信の仕組みも面倒なくらいややっこしいので割愛)

    アナログの固定回線(銅線)だと、アナログ、ISDNやADSLがあったりするように
    光ファイバーだと、FTTHや、VDSL
    無線 だとwimaxがあるというところか。

    WIMAXはPC向けのデータ通信サービスとして展開されているので、
    3Gなどの携帯のデータ通信とかと比較にされることがある。
    WiMAXのサービス提供事業者だと、UQコミュニケーションズ のサービス名が、UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)などが主流か。(KDDIグループの電気通信事業者らしい)

    auが提供しているwimaxサービスだと、日本全国のauエリアでauの回線利用してでも接続できる為に、auが利用可能なサービス提供の分圧倒的に有利だろうと思ったりする・・・。
    単純にISPサービスだけが、ソネットだったりTOPPAだったりするWiMAXも元の提供事業者は、たぶんUQ WiMAXなんだと思われる。

    Wi2事業戦略説明会(6月25日) [前半]

    http://www.ustream.tv/embed/recorded/7950448
    リンク切れ

    録画日時 : 2010/06/28 00:55 EDT

    http://www.wi2.co.jp/の会社の動画らしい。

    http://300.wi2.co.jp/のwifiサービスだと、月額が、380円で利用可能なサービスなのですが、
    確かに、wifiポイントは広いんだけど、23区でもエリア確認すると大手路線から外れるとWi-Fiのスポットが、殆ど無くて、WIMAXのエリアと比較すると、明らかに狭いので、wi-fiだけだと、Wi-Fiルーターがある建物の中でないと使えないのが難点。

    この手のモバイル端末向けのWi-Fiサービス単独では、
    快適なネットライフは過ごすことはできないので、
    オプション的な位置づけで利用するというのが基本的なスタンスです。
    それを保管するのが『モバイルWi-Fi』と呼ばれるもの。
    WIMAXでの補完が便利か、携帯側の通信(3G等)での補完が便利なのかは今後の動向しだいですが、無線サービスだけでも、高速化とか、サービスが事業者ごとにも多すぎてややっこしいのでした。

    今後のモバイルインターネット

    モバイル(携帯電話・スマートフォン・ノートPC・携帯ゲーム機等)の通信に関しては、Wi-Fi自体がすでに理論値最大300Mという速度らしいですが、人口密集エリアであれば頭数で割られることになるので、一定の速度以上に関しては、いかに色んな地域や場所で、アクセスしやすいかが最大の課題なんだと思うのでした。
    今後
    モバイルWi-Fiのような、広域では3Gや、wimaxの回線網を使うサービスは増えるのは期待されるところですが、
    Wi-Fiすぽっとだけというサービスは、展望は狭い気がするのでした。
    ローミングプロバイダという形のアクセス方法は必要だとは思います。

    wifi ルーター

    自宅に固定インターネット回線がある場合は
    モデムにWi-Fiルーターを接続することでwi-fiを利用可能だ。

    BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP3 (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)


    受信する側のパソコンなどに無線LANカードかBluetooth対応のPCであればネット接続可能になる。
    iPhoneやアンドロイド携帯もwifi接続が可能なので
    自宅に固定インターネット回線がある場合には自宅のWIFI接続優先でネット利用したほうが、キャリアの帯域制限などに引っかからずに節約することが可能になる。