kaigaifxkouzamerit
FXの取引をする為に海外口座を使うメリットは、どこにあるのかという問題について解説します。

スポンサード リンク

レバレッジ

日本ではレバレッジは25倍に抑えられている。これは株式投資の信用取引と同等の倍率だ。
海外ではレバレッジは日本の規制とは関係ないのでその国各々の取引が可能だ。

ツールが豊富

MT4などの取引ツールは日本のFX口座だと一部の会社しか使う事ができない。
海外のFX業者だと大手だと普通に対応している。
FXチャートはメタトレーダー(MT4)

自分で取引しなくてもよい

ミラー取引が可能なサービスが多い。ただこれは使った人の意見を利くと、スリッページだとか決済等でいまいちパッとしない印象が残る。

インターバンク決済

大手のFX口座(例えばアメリカのFXCMなど)で一定の条件満たすと、インターバンク決済ができると聞いた事がある。
スイスフランの暴落でもFXCMだったかは、マイナスの差額は請求しないといった決断だしていたり、色々と恩恵は大きい気がする。

デメリットもある。

最初に言語の壁がある。日本語サポートがあるFX業者も多くなってきましたが、基本英語がわからないとハードルが高い。
国が違うと、法律も異なる。
外国のFX口座で取引した利益は日本のFX口座と税制が異なる。
メインの取引を海外FX口座で行うか、日本のFX業者だけで行うかは選択は難しい気がする。
どちらがメリットがあるかは、良く考えてから試して欲しい。