FXは、1998年に認可された投資サービスの一つです。

FX=Foreign eXchange 為替の意味なのですが
普通の為替取引と違う所は、預け入れしたお金(証拠金)を レバレッジ(テコの意味)をかけて運用できることです。
レバレッジをかけることにより、利益を一層狙うこともできますがそれと同様に リスクも高くなります。

スポンサード リンク


取引の際の、リスク管理が最も重要になってきます。

日本よりもアメリカが先進しているFX

日本よりもアメリカなどのほうが歴史は古いです。
日本国内でFXが始まったのは、1998年に外国為替及び外国貿易法が改正された以降です。
国内では、2000年代の株式投資のブームの後に引き続くようにFX投資が盛んになった印象があります。

他の投資と比較した際のFXの特徴

為替であるたマーケットは、インターバンクで取引しているので24時間365日値動きがあります。
株式投資や先物投資に比べると流動性が高く、値幅もよく動く為、 「利益を狙える機会が多い事が特徴」、FX投資が盛んになったと思います。

株式取引の信用取引のように「売り」から、初める取引も可能です。

  • 為替の値幅を狙う取引方法と
  • スワップ金利(2国間の金利差益)を狙う取引方法
  • 以上の取引スタイルが一般的です。

    ・続き FX取引の魅力