ちょっと検索していたらレバレッジの破産率というものが目に付いたので否定する記事を書いて見る。
FXのレバレッジ事の破産率という記事を見て思う事
破産とは財産をすべて失うことですが、FXだと、証拠金をすべて失うものということなのか?と言う事が前提として何を持って破産というのか書いていなかったので比較できませんがそういう解釈だとします。

レバレッジ規制で何が変わる?
FXで平成22年8月から証拠金規制が始まる。今まで100倍以上のレバレッジをかけて取引が可能だったのが今年は50倍に変更。
来年は25倍に規制される予定らしい。この改正でどう変わるのか?ということ。

スポンサード リンク

FXでは通貨ペアにもよるが、1万通貨単位の取引が主流

1ドル100円で考えると
アメリカドルを1万ドルのポジショを立てるのに、いままでのレバレッジ100倍であれば最低証拠金は1万円以上あればポジションを立てることができた。

これが50倍だと2万円必要になる。
25倍になると1万アメリカドルのポジションを立てるのに、4万円も必要なのだ・・・。
1万円必要な為替と4万円必要な為替取引では、参入の敷居としては後者のほうがはるかに面倒なものになる。

1000通貨単位のFX

駆け込みの策としてか昨年末あたりから増え始めた千通貨単位での取引。千通貨単位での取引を開始したFX業者は多々あるものの苦肉の策としか思えない。
もともと1000通貨単位の取引だとスプレッド以外に、別途取引手数料が発生してメリットは無い取引だったものの手数料無料といった取引も出始めたりしたりと、どうなることやらとは思うのですが、せめて100倍がいいなと思うのでした。

FXだと大抵の業者だと8割~9割証拠金が減ると強制ロスカットに合う。

この為、証拠金として入金したお金が基本的には取引している範囲内で-マイナスであったり、0になることは無い。
(極端に急激な為替変動が短時間で直滑降に下落したりするような事が起きたりしない限りです。)
入れた全財産を突っ込んでいても財産をすべて失ったりそれ以上の損失を受けることは原則としてありえないということ。この時点でまず破産することはありえない。
0%以上の金額で退場になる仕組みなのです。

次にFXでレバレッジ事のメリットと破産する可能性について

レバレッジ比較10倍と100倍の危険性の真実
レバレッジが高いと危険というが、100万円の証拠金でレバレッジが100倍でもアメリカドル/円で1枚しかポジションを立てていなければ実際のレバレッジは1倍だ。
むしろFX口座の設定でレバレッジの設定を抑えていても、最大枚数がレバレッジが大きい時よりも立てれる数が少ないというデメリットだけです。

為替で売買するからには、上がると判断した時に買いをいれて売りは下がると判断した時にしか売りません。そのため幾らまで耐えられるなどという無謀な材料は最初から捨てます。そもそも100万円の証拠金でレバレッジ1倍も10倍の時も100倍であったとしても原則どちらも損をする金額と言うのは100万円未満なのです。

根本的な問題としてはレバレッジ100倍でも25倍でも強制ロスカットに達したらどちらも損害は同じということ。
1万円取引していれば、結果として、100倍だと危険というものでは無い。(スリッページが歴史的にみても恐ろしいくらいに過度にすべるようなケースは除く。)
約定拒否によるロスカット時のスリッページを解消させることに注力したほうがいいのになと思うのでした。

どっちか危険なのか?というのは、
どちらも損失は同じなので = 同じなのです。

ただし注意点としては、損失が限られているという前提で取引するのであればより枚数を多く立てることが可能なレバレッジが大きいほうが利益は獲得しやすいことになるのですが、レバレッジが大きいことで取引枚数が多いことは、少しの金額で損失も大きくなるのでリスクも大きい諸刃の剣です。
単純に証拠金に対する割合が大きくなるので強制ロスカットまでの価格幅が狭くなると言う事。

何が言いたいかというとレバレッジ10倍だろうと100倍だろうと強制ロスカットに合う人は合うし、合わない人は合わないということ。強制ロスカットに合う人はそもそも危機管理が出来ていないのだから。
これを破産率という意味が不明で根拠の無い数字で不安がらせるのは悪意でしかない。

強制ロスカットにあったとしても、1割は残る仕組みなので破産は無い。その上で無謀にもまたポジションを立てた場合は、次の強制ロスカットは1割になるまでなので最初の証拠金の1パーセントという金額にはなるのですが。一先ず強制ロスカットにあうような取引方法を行う時点でFXをそのまま続投することはお勧めできない。
まぁ急激な相場変動によるスリッページで巨額な損失を抱えることになってしまうような取引を行ったとしたらFX業者の非か、又はそういうトレードスタイルで取引していた自身の過失なので、そうなってしまってからでは助けようはないのだなと思います。株式など取引する物が限られている相場で信用取引をしている場合などならまだしも、FXで破産するというのは根拠が無いでたらめな記事だと思うのでした。FXで追証に遭遇する取引ケースはめったに無いと思うので。(全通貨で比較はしていませんが。)

トレード手法とポジション毎のロスカット設定だけはきちんと覚えた上で強制ロスカットだけは絶対に避けた取引をしたいものです。