危険Dangerなものについて

危険Dangerなものは現代の社会でも多く存在しています。
食品・美容や健康を謳った商品・インターネット・詐欺・交通・近所トラブル・仕事や職場、人間関係など。
当たり前の物から、安全だと思っていたものでも、突然体を蝕んでいたと判明するリスクが存在するものまで多種多様に危険が潜んでいます。

天災は回避できないリスク

時には天災も2011年の大震災を踏まえると、日本のどこにいても何時脅威に遭遇するかは、誰にも回避できないものも存在しています。
地震に備えることや、会社から自宅への帰宅マップが重視されたのも2011年が機会だったのではないでしょうか?

事故

事故なども運転スキルゆ運転マナーがどれだけよくとも他の交通マナーが悪い人のせいで事故に巻き込まれる可能性も十分に存在します。大阪の交通マナー(車や自転車バス等)は、安全運転第一とは真逆すぎだった
自転車のマナー悪すぎる日本
事故に遭遇して死亡するリスクが日本では最も高い。
銃殺されたり強盗とかの被害で撲殺されたり暴力で亡くなることの方が稀だ。
自転車やバイクで煽って走るやからや暴走運転している輩は加害者になる危険性把握していいのだから一遍単独事故おこしてろと思う。
本当運転マナーが欠如したドライバーほどウザいものは無い。

犯罪被害

オレオレ詐欺だとかフィッシング詐欺や嘘の情報で騙し取る特殊詐欺などの被害も高齢者中心に増えている。
LINEでもWEBマネーを搾取したりする乗っ取りアカウントだとか、不正乗っ取りの事例は毎年報道を見かける。
通販サイトでも偽サイトの被害は相変わらず存在しているし、取引トラブルも後を絶たない。
性犯罪も多いようですし、外国人犯罪含め、犯罪の被害者になるリスクは割と存在している。

普通に有る食品

一般的に販売されている食品にも添加物や保存料、トランス脂肪酸などが使われており、一定以上の摂取や長期間の使用は適していない食材が割りと多く出回っているのが実情です。
これらの事を極力回避したり、ダメージを極端に抑えれるか否かは知識の有無が大きく命運を分けることになります。
食品で食べたらお腹を壊して下痢したり、病院に担ぎ込まれるような食品だしている場合には即保健所通報で営業停止になったりする。
しかし徐々に体を蝕む可能性がある食品というものは厚生労働省などの規制がありきなので国が規制しないかぎりは小売店が自粛することは無い。

乳化剤は危険?

食品

乳化剤は危険? というか肥満の元になる可能性がネイチャーで発表されたとのこと。 乳化剤以外に人口甘味料にも同様の危険性があるらしい。

学生の危険性

学生の危険性について紹介する。 中学生、高校生、大学生などに共通する危険性。 それは集団心理だ。

食べ物の危険性について。

食べ物の危険性について。 例えば、トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)、添加物、保存料、 他にも各種科学的な調合で作られている原料は多い。 一見ドレッシングやマヨネーズ、に見えても、原料はまったく異なる製品は現代では大量に市場に溢れている。

癌と炭水化物(糖質)|健康と危険についての知識

炭水化物を摂取することで癌が進行する?このことについて解説しよう。 最初に『”糖質”は炭水化物から食物繊維を抜いた値』 ご飯や小麦・うどんなど主食とよばれているものは全て炭水化物もとい糖質の塊だと言える。 癌・・・

糖質制限でわかる怖い食品の糖質の量|危険

ダイエット 食品

普段食べているお米。丼だったり、弁当だったりと日本人にライスは欠かせない食材です。しかし糖質制限を理解する事で解った、怖い食品の糖質の量が改めて調べるとゾっとした話を紹介します。 先ず最初に糖質とは、炭水化物-食物繊維の値です。そして炭水化物は目や出一日これだけ取った方が良いという値が以下。

糖質制限は危険なのか?

炭水化物抜きダイエットや糖質制限の危険性について。 糖質制限は危険なのか? ダイエット目的で行うのは危ないのか? これらが、実際どうなのかという疑問は 糖質制限に関心がある人は誰しもが疑問に思うだろう。 私も、これは最初に引っかかった。

韓国産が嫌いな理由

韓国産が嫌いな理由は色々とある。「食品」「電化製品」「webサービスなど」どれも性質が悪い。 中国も韓国も模倣(パクリ)文化は強い。 しかし韓国だとウリジナルと揶揄されるように、自分たちがオリジナルだと主張するから性質が・・・

スーパーはどこが安全なのか?【食品】

食品や雑貨などを購入する場合に利用する頻度が高いスーパーマーケットはどこが安全なのか?これは見抜くことはほぼ不可能。唯一言えるポイントの紹介と注意点。 惣菜や店舗で加工しているものははっきりいうと賞味期限や添加物など一切・・・

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸とはマーガリン、ファットスプレッド、ショートニング等を作る際に発生する成分。これらの品に大量に含まれるとされており一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えて心臓疾患につながったりア・・・

危険な食品が出回っている理由

危険な食品が市場に出回っていて販売されつづけている理由が何故なのか考えたり調べたことは有るだろうか? これには幾つか理由がある。

中国産が危険な理由【食品】

中国産が危険な理由は多々ある。一言でいうと基本的な文化や思考が異なる点が大きい。 衣料や工業製品でもパクリ問題がおきたりしているが 食品だと口にするものなので「騙されると」リスクは多すぎる。

中国産は割り箸も危険

中国産は割り箸も危険 外食で気をつけないといけない物。食べるということで口にするものばかりに目を取られていては危険です。 中国産というと2014年マクドナルドやファミリーマートで判明した消費期限切れ肉を用いていた事件で改めて中国産食品への危機感が発生したが『割り箸』もそうとう危険らしい。 概要を伝えると、

食べてはいけない牛丼屋

早い・安い・旨いとお得な代名詞になってきた牛丼屋。マクドナルドから低価格路線を奪取して一人がちかに見えた牛丼チェーン店各種ですが、2012年くらいからソーシャルメディアを通して各地域の店舗の混入事例や店舗のアルバイトの投稿が危険なものが多く発見されている。 ここでは食べてはいけない牛丼屋を挙げてみる。

食品で危険な物

現代では、外食産業のみなならずスーパーで購入可能な食品の殆どは外国産だ。 国内で作っている弁当や惣菜なども材料が海外の輸入物である上に、保存料や添加物まみれであり、一見しただけでは何が体によくないのかが分からないほど浸透しきっているのが実情だ。

ページの先頭へ