credit-cardクレジットカードのサービスは便利だ。
21世紀初頭日本国内でブロードバンドが発展して各家庭でもインターネットを高速回線で利用が可能になった。その後Amazonや楽天市場といったECサイトが投じようしてインターネットでクレジットカード決済は必須の物となった。インターネットショップが普及化して2005年以降にはFTTH(光回線)の普及や、動画配信サイトなども増えていき、動画コンテンツすらもインターネットで購入が可能になったのが現状だ。

スポンサード リンク

そして2011年現在、インターネットで買い物をしたことが無いという人はいないだろう。
2008年ごろからのスマートフォンの登場で携帯電話史上で大きな変化が生まれた。
ソーシャルゲームが社会問題になる程度に、携帯電話端末の課金システムで子供が多額の買い物を利用していたといったことが出てくるほど、インターネットでの決済が容易になったのだ。

しかし片方では、従来webマネーやbitcashといったサービスなどインターネット上で使える決済が出来るサービスとして存在したりはしたものの、日本国内で金融庁がPaypalに規制をかけたりしたのでいまいち、webマネーには消極的なイメージがつき物であった。Paypalほど便利なサービスをどうして自由に商売させないのか?という点では国際的な送金とかで、色々と銀行と過渡の絡みがどうとかいう金融がいかにもオワコンとしか思えない状況だったりするのですが、
それでも、2012年度時点ではVISAカードのプリペイドカードサービスも始まるくらいだ。
クレジットカードは重要だし他の金融関連の決済サービスやウェブマネーなどのシステムも大きく変わる可能性も有るし重要な位置のサービスだろう。
これらがどう変わろうとも便利にお特に使える情報をまとめて行きたいなという内容を綴っていきます。