FXは長期間の取引よりも、短時間の売買の方が有利だということ。

短時間で取引する方法に1日間で売買を終わらせる方法はデイトレードと呼ばれ、数分間というって極端に短いような時間で取引を完了させる方法をスキャルピングトレード(スキャルプ)等と読んだりする。

スポンサード リンク

FXで何故短時間の売買が有利なのか?ということ

  • 1ヶ月先に、ドル円が何円になっているか当てることができる人はいるだろうか?
  • 5分後に、いま81.13円なのが上がっているか?下がっているか?
  • この2択であれば当てやすいのは、後者だと思う。
    むしろ同一の条件で上がっているか、下がっているか?予想して当てるだけでも、期間が長ければ長いほど、難易度は高くなっていく。

    逆に、FXで長期間で売買することにメリットがあるのか?

    長期間で売買することには、メリットはほとんどない。スワップ金利が受け取れるのは円に対する外貨は、買いポジションだけなので、買いポジションを立てる時以外はメリットは無い。
    当然長期間だとその分値幅も大きく動くことになるのでレバレッジも制限したうえで取引しないといけないので売買する枚数は抑えないといけない。

    長期間の売買よりも短時間での売買の方が比較的有利なのです。

    FXでは短期売買が比較的リスクが少ない取引だと思う。
    テクニカルチャートや市況の状況などの材料から勝てると思ったときに相応のレバレッジでポジションを立てて売買するのが良いわけです。

    レバレッジをかけた取引なら、もしろ短時間売買で完了させないと、その分レバレッジのてこのリスクも大きくなるので、FXは短時間取引が良いということでした。