歯医者選びで重要なことがある。
歯と歯ブラシ
自宅から近い歯医者で間に合わせようとしては絶対に駄目だ。
結果的に自分の命を削ることになる。
8020運動とかどこふく風邪で日本の町医者(歯医者)が歯をわざとボロボロにしようとしている風にしか感じられない。

スポンサード リンク

ダメすぎる歯医者の事例

過去にロクな歯医者にあたることがなかったので、経験を踏まえてのべるとする。

  • 1例目が若い歯医者。
    小さい医院ながらも、駅前から近く平日であれば待ち時間も殆どなくスムーズに診療してくれていたが、とにかく歯を削る事ありきの治療
    前歯も奥歯も削ることありき。
    神経ぬくこともいとわない。
    被せ物を被せることだけを考えていた歯医者だった。滅びてしまえと思った。
    セラミックとかで、保険外の料金ありきな治療だったのではとしか感じられない。
  • 2例目。
    10年位前に通っていた歯医者で、再度近くに越してきたので通い始めたが、ここもロクナモノではなかった。
    治療して痛みが無茶苦茶出る。
    もだえ苦しみながら電車で変える事があったり・・・
  • 治療して1年半程度で根っこが折れて痛みが出る
    →根っこが片方割れているので「抜くしかないですね。つめてもまた割れますよ」
    とか抜かした。
  • 別の歯医者にいったら、「問題ないです。つめれますよ。」という診断
    歯を削りたがったり(過度に)、抜きたがる歯医者はやめておいたほうがいい
    歯科医選びは、自宅からの距離的な苦労はあっても、遠く離れていても定評がある歯医者に通うべきである。

    親知らず抜きたがる歯医者

    親知らずを抜たがる歯医者が多いが、
    親知らずは抜かなくてもいい。
    むしろ抜く理由がわからない。(変な生え方している場合などは除く)
    盲腸を切り落とす医者と大差ないマヤカシにしか当方としては感じられない
    顎や、噛み合わせに致命的な障害が無い限り抜歯するには、医学的な根拠がないとしか判断できない。

    日本の医療は古い

    町医者の歯医者はろくなものが無い。
    歯科だけの問題ではないとは思うが、ドクハラなどに代表されるように日本の医療サービスは結構低品質な医療機関が多い問題もある。
    (絆創療法だけが主流だったりと)
    もしも医療機関に通う際は評判が最も重要視されてもいいと感じる。


    I/51kFFu8rRML._SL300_.jpg” alt=”歯科治療費800万円節約術 – 今すぐできる予防体質獲得プログラム” align=”right” border=”0″ />

    歯科治療費800万円節約術 – 今すぐできる予防体質獲得プログラム

    フツーの歯科治療をやらない歯科医師だから書けた、実践バイブル!
    「知識格差」は「健康格差」、知っているかどうかで、ここまで変わる。

    実際の診療現場で、こっそりと患者さんに話していたことを大公開。
    「自分の身体を大切にしたい」 そんなあなたに読んでもらいたい一冊

  • メーカー: 吉岡 秀樹,みんな大学
  • 発行日:2013-01-25
  • 歯科治療費800万円節約術 – 今すぐできる予防体質獲得プログラム