パーマリンクの変更でいろいろと悩んで見たものの、特にどれが良いと思えず、いまごろ変更するのはむしろ賭けな気もするのですが。
wordpressパーマリンク設定で悩む・・・。
まあそれでも記事数は100件ちょっとなので、変更するならいましかないと思い。変更してみた記録。

スポンサード リンク

最新版のお勧めURL

2015年度時点でのお勧めURL構造は
カテゴリー/スラッグURL(ポストネーム)の構造です。
設定方法は↓
/%category%/%postname%/
ひとまずこれでカテゴリー記事ページでは『archive』の文言抜く設定にしてOKです。
こうすることでGoogle検索は、認識してくれる。
ただし英字投稿URLか、日本語URLがよいかは好みが分かれると思います。

過去記事

以下は、公開日時: 2010年9月14日 の過去記事です

今まではwordpressのパーマリンクは、
%postname%
でタイトルをそのまま、記事URLにしていたのですが、日本語のURLになることを気にせず運用していたものの、なんというか記事URLが長い。
長すぎる。
これではさすがに、変更しよう・・・と思い。

いくつかのパーマリンクの組み合わせを何パターンか、試してみたものの、いまいちしっくりせず。

/%category%/%post_id%
カテゴリー+ポストIDを試したものの、いまいちカテゴリが重複している記事の優先順位だとか、カテゴリを下に入れ子にしているところが2重になったりしたので、あきらめた・・・orz

ひとまず、数字ベースというやつにしてみた。

賢威


Windows7でサウンドミキサー有効にして声と音楽を放送する

でも旧来の、日本語URLの部分の、リンクは生き残ってる・・・。
いまのところ・・・。それともこのまま有効で、残ってるのかな・・・。
どちらかはわかりませんが、カテゴリごとのURLとか気にしないで、とにかく短い記事URLに変更したのでした。
この記事URLのパーマリンクを変更したことに、意味があるかどうかは今のところ未知数です。
公開日時: 2010年9月14日

追記

2013年4月半ばに、categoryを抜くという暴挙に出たために恐ろしいことになる。
事前に予想されるリダイレクトやプラグインでの補填は確認していたはずなのですが、実際にやってみるとうまくいかない。WordPressやPHPに詳しい人ならもっとうまく処理できるとは思うのですが、いかんせんサーバーやPHPに関しては基礎知識が素人に近しい物で手こずる。
記事数が数百単位なだけで、タグや、各種カテゴリーや月刊アーカイブページ、とすさまじいまでにウェブマスターツールでエラーが届き、アクセス数激減の憂き目に有った。ひとまず2013/05/12時点では随意改修中なのでした。

2013年度以降

その後なんだかんだで、カテゴリー/ポストネーム(英字)/
で運用しています。
リンク切れになるぺージは全てリディレクションでカバー。
有る程度の記事はポストIDの兼ね合いでカバーできていたようなのでトントンで。