WordPress テーマの賢威6.2の高速化に挑もうとした記録
keni6-2
賢威6.2のテーマで、一応複数wpxで確認してみたところ、サイトで差がでるため、重くなっている原因がどうも区別がつきにくい。

最新版のソーシャルボタン

ソーシャルボタンが重いのか?と疑って
色々とソーシャルボタン(twitterやfacebook、Google+等)調べてみたのですが、
最新版の賢威6.2のソーシャルボタンは非同期が設定されているっぽい。
過去に何度か微弱な変更があったなかで書き換えられている可能性もあるため、jsファイルやソーシャル関連のphpが古い人は再確認してみたほうが良い。

ただしjsファイルをヘッターで読み込んでいる可能性があるため
フッターに記述するカスタマイズが考えられる。

  • 別個Google+の個人ページや、G+ページ等のバッジを掲載している場合には、そのタグを非同期タグも取得しないと行けない。
  • facebookページのバッジも同様だ。

CSS

賢威6.2だとCSSファイルが複数ある。
⇒一つにまとめて記載する方法が語られているのですが、どう異なるのかが不明。
変化要素としては少ない気がする。

  • 賢威が読み込んでいる複数のCSSを1つにまとめる
    http://inosh.jp/contents-bottom-sns-related-design/
  • アドセンスの非同期化。

    レスポンシブむけのアドセンスコードだと非同期設定が出来ないため、通常サイズの広告で、非同期にすべきだろう。

    基本的にwpxと通常のwordpressが提供している基本THEMEだと爆速なのですが、どうしても賢威6.2やその他themeでも足を引っ張られてしまう。(Stingerなども同様)
    関連記事抜きにして、人気記事抜きにしてプラグインを逐一調べて高速化させようにも一度重い状態になるとあり地獄に思う。

    wpxのトラブル

    今日何故か一部のドメイン(wpX設置済み)で、アドセンスが表示されていなかった。
    テンプレートいじった記憶がないうえに、記事中の広告も、テンプレート内に埋め込んだタグも表示されていなかったため、

  • 別のテンプレートに変更しても表示されず、
  • アカウント停止くらったかと思ったのですが、警告も届いておらず、
  • 記事中に掲載する、プラグイン無効化しても表示されず、
  • 試しにキャッシュ(mod_pagespeed設定)を無効化して、
  • CDNのキャッシュをパージして、しばらくまっていたら復活した。
  • たぶんwpx側のプラグインが悪さしていたのか、クラウドフレア側のキャッシュなのか判明しないですが、そもそもクラウドフレアでここ1年間以上そんなトラブルは起きていたことは無かった。
    独自キャッシュ系サービスはゾッとする。
    wpxのキャッシュ仕組みが分からないので手を焼く・・・。
    というか癖が掴めない。
    利用ユーザーにとっては不便な面を時折見せてくれる。

    wpXは信頼できない

    あとwpXのサポートもとい、エックスサーバー株式会社のサポート役に立たない。
    SOVAの方が信頼高い(最近の状況だとサーバーの速度遅いのがネック)。
    本当サーバー屋さんどうにかしろと思う。
    (CMSのツールなので、WordPressの運用に関しては鯖屋が悪いわけでもないんですけどね・・・・。ただ独自キャッシュの説明がなんとも物足りない感じ。もうちょっと情報開示してほしいものだったり・・・)

    現状では、キャッシュ搭載しているクラウド型のサーバーサービスどうも不安が多い。
    (WPXとSOVAしか試していませんが・・・
    PHP Ninjaとか、COREPRESSとかのが安定している可能性は、否定できない。
    ただし後者は、どちらもPVあたりの価格は割高)



    まだエックスサーバーで、他キャッシュプラグイン併用で運用していたほうが
    安定した高速表示は、楽なのではと感じるのでした。

    WordPressで無料で使えるSEO Theme(テーマ)