お小遣い稼ぎサイトやポイントサイトについて解説します。
インターネットが常に使える「スマートフォン」の普及でインターネットユーザーだけでなく、様々なWEBサービスの登場でネットに接続している人と時間は莫大な数で増えた。
結果収益化の幅も実に幅広くなっている。

お小遣い稼ぎサイトの有効な利用方法

このサイトを経由してポイントでのキャッシュバックがあるようなサービスは
サイトによっては使い道がある。
資料請求なども本気で申し込みたいと考えていたのであれば、ポイントによる返還は嬉しいことがある。



ハピタス

小遣い稼ぎサイトに必死にならないこと

副産物としての「小遣い稼ぎサイト」の利用は良い。
ただし小遣い稼ぎサイトだけで稼ごうとしても土台無理な仕組みである。
ポイント還元は購入の1パーセント程度がざらですし、
自分の購入からのパーセント変換である場合には節約程度のポイントが貯まる程度であり
大きく稼ぐことは到底できない。

『モニター』なら理にかなっている


\いろんな痩身エステ・徹底比較!/
エステに来店→体験後にアンケート回答♪
簡単STEPで体験代+謝礼をげっつ!(*’▽’)
モニターなら【ジャパンモニター】

アンケートサイトや、ポイントサイトよりもモニターならば理にかなっているといえる。(広告主も利用者も共に利が有る為)
ただしこれも自分が興味がある案件がどの程度存在するかで充実度は変わってくる。




リサーチパネル

悪質なポイントサイト

2ちゃんねる風のセールスページやTwitterでスパム的な手法で大手企業のロゴを無断使用して集客していた媒体が問題になった。
これは換金できない仕組みの構造でアンケートなどを行う人を釣る行為であり、
様々な方面に被害が及んだ。
スパム行為もNGですが
最近では業者が騙すことも多い為本当最悪な世の中になってきているイメージが強い。

お小遣い稼ぎサイトやポイントサイトの見極め方

怪しいサイトがある場合どうやって見極めるか?というと
特定商取引の会社情報で判断する。
知らない会社名だった場合には、会社名をコピペして検索してみるといい。
過去にトラブルや悪評があったサイトは簡単に見つけることが出来る。
怪しいサイトに個人情報登録するのはそれだけで危険ですから。

反対に大手の会社であれば換金・景品交換・個人情報管理は安心して利用ができるといえる。

ポイントサイト キラキラ☆Walker
↑これなども悪質な事例として後日炎上しかけていたサイトの事例だ。

注意点

ポイントサイトでも有効期限が設けられているサイトは多い。

これはまともなポイントサイトでも換金ができる状態の有効期限が定められており
一定期間ポイントの追加がない場合には消滅することがある。
登録したサービスや、ログインID・パスワードはきちんと管理しておいてログインできなくなることを避けることも注意したい。
過去に数万円分のポイントが消費したこともあるため、非常にカチンとくるがこればっかりは復活させることは不可能だ。運営が丸儲けである。

定期的にログイン・ポイント追加取得が必須であるサービスは、それだけでお勧めしにくいサービスだ。
過去に散々無効化されたポイントサイトは多数ある。

ポイント サイトの有効な利用方法

Pexやネットマイルのようなポイントを交換して集めることができるサービスと提携しているポイントサイトを利用したほうが良い。
ポイントをPEXやネットマイルにかき集めることで比較的容易に現金化したり商品と交換しやすくなるからだ。
2017年現在ではPEXからビットフライヤーにビットコインに換金可能になっている。
アンケートサイトでポイントを貯める⇒現金や様々なポイントに交換

効率よい稼ぎ方とは?

時間に捕らわれず効率よく稼ぐには?

ぬふふぬふふ

正直な所お小遣い稼ぎサイトで稼ぐことは、ほぼ難しいと断言する。
作業した分の時間給で計算すると低賃金な作業になってしまいがちなのだ。
ポイントサイトのからくり
楽天のサービスが1p単位の報酬 1:1 
これに対して 
他のポイントサイトでは0.1p単位が多数存在する。
1円だと思っていたものが、十銭や5銭程度の価値しかないことが多々ある。

100p⇒10円のような表記
本気で稼ぎたいと考えるのであれば、ブログでも作って、アフィリエイトでも始めた方が建設的である。


※ただしアフィリエイトで稼ぐことは知識が必要ですし、最初の労力も必須分野です。
よくあるパターンで飽和することで報酬が低くなるパターン。
これはポイントサイトだけでなく
ライターなどの仕事でも同様のことが言える。
キャラクターデザインなどの買いたたきの報酬価格にも同様の現象が有る。
ポイントサイトのまやかしで1円が0.1Pなどという表記もこの作為の応用だろう。
真剣に稼ぐ気があるならポイントサイト(アフィリエイトサイト)を利用するのではなく
自分がアフィリエイトサイトを運用しなくてはならない。
1次の人が収益率が高いのは明らかな事実だ。