RICOHペンタックス 645Z
ペンタックス 645Zは100万円のカメラ
リコーイメージングの中判デジタル一眼レフカメラとして販売されているペンタックス 645Z
ボディー価格がが約80万円
レンズ価格は約10万円
ということで100万円するという代物だ。

スポンサード リンク


最近はスマートフォンなどの画質が高いモバイル携帯電話のカメラに押されているカメラ市場ですが高画質の専門のカメラは、愛好家に指示されているのではないかということで、今なお販売されている様子。

孤高の頂へ PENTAX 645Z


RICOH PENTAX 中判デジタル一眼レフカメラ 645Zボディ 約5140万画素 新型CMOSセンサー 645Z 16602

有効約5140万画素の超高精細画像

35ミリフルサイズ判の約1.7倍の面積サイズを誇る、43.8mm×32.8mmの新型CMOSイメージセンサーを採用。高度なノイズ処理や高画質化の画像処理機能を充実させた画像処理エンジン“PRIME III”、ローパスフィルターレス仕様を組み合わせることで、高い解像力と立体描写性能に優れた有効約5140万画素の超高精細画像を実現している。
また、高感度撮影時のノイズも徹底的に低減させ、最高ISO感度204800という超高感度撮影も可能とすることで、従来の中判フォーマットの常識を超えた、新たな撮影表現を可能にしている。
RICOH PENTAX 中判デジタル一眼レフカメラ 645Zボディ 約5140万画素 新型CMOSセンサー 645Z 16602

スペックの詳細を見ているだけでも高機能なことは理解できる。
ただどういう人達が購入していてどういう撮影を行っているのかは謎である。

動画


動画