鹿の王(著者上橋 菜穂子)の書籍に関して調べてみた。
結論からいうとすぐに読みたい人はKindleがお得。
本は上下巻が販売されている。

スポンサード リンク


I/51bUlESIdSL._SL500_.jpg” alt=”鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐” align=”right” border=”0″ />

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

何者かに攫われたユナを追うヴァン。同じ頃、医術師ホッサルは移住民に広がる謎の病の治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが愛する人々、この地に生きる人々を守るため、選んだ道は――!?

  • 著者: 上橋 菜穂子
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店
  • 発行日:2014-09-24
  • 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
    鹿の王は、著者が上橋 菜穂子という人で角川書店ら出版されている本。

    著者は2015年時点で 52歳で職業が小説家以外に文化人類学者だとwikiには掲載されている。
    楽天市場で人気リンクが表示されていたのは 第12回本屋大賞(2015年4月7日発表) に選ばれたからなのだろう。


    I/51w7lBWIerL._SL500_.jpg” alt=”鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐” align=”right” border=”0″ />

    鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐

    鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐

    強大な帝国から故郷を守るため、死兵となった戦士団<独角>。その頭であったヴァンは、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。 その隙に逃げ出したヴァンは幼い少女を拾うが!?

  • 著者: 上橋 菜穂子
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店
  • 発行日:2014-09-24
  • 鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐

    Kindle版


    I/51-LzXf3HXL._SL500_.jpg” alt=”鹿の王(上下合本版)” align=”right” border=”0″ />

    鹿の王(上下合本版)

  • メーカー: 上橋 菜穂子
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店
  • 発行日:2014-09-25
  • 巻末に電子版オリジナルイラストが収録されています。
    鹿の王(上下合本版)
    上下巻合わせた内容になっているとのことで、
    紙の本じゃなくても良い人ならKindleで購入したほうが
    すぐに読めるので利便性は高いのではとは思います。(キンドルだと、持ち運びや、外出先でもスマホなどで閲覧できますし)

    アマゾンAmazonで『鹿の王』を検索する。

    楽天ロゴ楽天市場で『鹿の王』検索する。
    楽天ブックスも送料込みなのでアマゾンとさほど差はないと思います。