重曹で茶渋(お茶やコーヒーの茶色い汚れ)を取る方法は洗剤でゴシゴシ磨いたりせずに済むので楽。

タンブラーの茶渋のような汚れが、こびりついて汚くなっていた。
スポンジで洗っても落ちない。
解決方法として重曹を使う!

スポンサード リンク

汚れを落とす

茶渋を取るには重曹を底にまんべんなく程度と、お湯を入れて置いておくらしい。
試してみた。
500mlの 真空断熱タンブラーに大さじ2杯分くらい突っ込んでしまったため(多すぎだろう)
熱湯をケトルで沸かしてフチぎりぎりまで注いで放置
(この時点で泡がシュワシュワーと勢いよく立って、水の色が一気に湯が茶色っぽくなっている)
冷めるのをまつ(というかタンブラーだと冷まりにくい(笑)
5分位たったら焼けどしないように湯を捨てる。

見た目若干おちたが

重曹+熱湯で多少おちたがまだこびりついていたのでスポンジに洗剤つけてゴシゴシしたら意外とスムーズに落ちた。
すすいで拭いたら、綺麗になった。

重曹

最近重曹入り洗剤とかも見かけますが洗濯物にも使えるので縦走単体を買っておいた方が無難です。
100円ショップでも見かけますし
※食用重曹と、洗剤要の重曹が存在する理由は精度や混ざり物の兼ね合いだと思います。
基本食べ物に膨らまし粉として使うような目的があるのであれば、
食用重曹が高いのですが、買い置きしておくには、お薦めです。

重曹 1kg

重曹 1kg

  • メーカー: ケイ・イ・ケイ アソシエイツ
  • 発行日:2013-07-02
  • 重曹 1kg

    重曹自体がわりと安い。
    ※念の為食用に使う重曹の場合は高くてもそれようのを購入した方が安心できる気はします。


    THERMOS 真空断熱タンブラー 600ml ステンレス JDA-600 S

    THERMOS 真空断熱タンブラー 600ml ステンレス JDA-600 S

    魔法びん構造だから飲みごろ温度をキープ。
    氷を入れても結露しない。
    ビールにもおすすめのタンブラー

  • メーカー: THERMOS (サーモス)
  • THERMOS 真空断熱タンブラー 600ml ステンレス JDA-600 S

    600mlのもあるらしい。
    ビールのむのにはこれのほうが良さそう。今もって居るのは400mlかな。