日本の百貨店高島屋(Takashimaya Company, Limited)のインターネットで通販が可能なサイトの紹介です。

スポンサード リンク

Amazonでも公式ページがある高島屋

takashimaya Amazon
高島屋のAmazonストア「アマゾンタカシマヤサイト」

  • ギフトコレクション
  • 名店の味
  • いちおしスウィーツ
  • 等の商品がある
    2014年)4月1日お申し込み承りから配送料金を改定税込み324円の送料がかかるようですが公式の高島屋オンラインストアより安いかもしれない。※商品の配送料金は、配送商品によって異なります。
    管理は株式会社高島屋日本橋店の印象。

    通販可能な公式オンラインショップ

    Takashimayaon-line stoa

    高島屋オンラインストア http://www.takashimaya.co.jp/shopping/

    ネットショップの詳細

    • 取り扱っている製品:メンズウィメンズファッション・ビューティー各種・リビング・ベビーキッズ・スポーツ・ホビー・呉服
    • 支払い方法:クレジットカード・コンビニエンスストア・ネット銀行・ペイジー・代金引換
    • 送料:商品の詳細という画面に表示されている配送料金で異なる
    • 返品期間:異なっている場合・汚損・破損がある場合商品到着後8日以内連絡
    • 返品手数料:返品の場合、返送料は高島屋が負担
    • 公式サイトURL:高島屋オンラインストア http://www.takashimaya.co.jp/shopping/
    • 運営会社:株式会社髙島屋
    • 本社所在地:大阪府大阪市中央区難波五丁目1番5号

    動画

    上海高島屋で相次ぐブランド撤退、3階以上は「空白」目立つ―中国紙

    XINHUA.JP 5月29日(木)21時15分配信

    上海高島屋内の一部ブランドが撤退したことについて、同社は「契約満了」が主な原因と説明している。だが、事情を知る人物によると、業績不振による撤退が少なくない。上海高島屋は2012年12月の開業以来、不振が続き、日系百貨店として非常に優れた管理理念を持ちながら、中国市場の気候風土に馴染めずにいた。現在、高島屋は戦略の変更を模索中だ。

    中国では苦戦している様子。