動画のサイズで「HD」と「フルHD」と、それ以上のサイズについて。
上位に4K・8Kが存在する。

スポンサード リンク

動画のサイズ

HDと「フルHD」というのは動画のサイズのことで
mp4だろうとFLVだろうと動画形式は問わない
Windows PCでもmacでも同様。端末による差は無い。
縦横比はモニターの幅に合わせて自動縮小されることが多くスマートフォンなどでは横向きで閲覧しないと小さすぎな表示でしか映らない。
「HD」と「フルHD」の共通点でアスペクト比は16:9が同じである。
フレームレートは24p、30pが多く、60pが最大値で用意されていることが多い。

HDとfullHDの大きさ比較図
HDとfullHDの大きさ比較図

HD

HDとは、high definition videoの頭文字。高精細度ビデオを指す。
720p
1280×720のサイズでハイビジョンと日本では呼ぶことが多い。
HD720等
DVDが、このサイズのメディアディスクです。
※動画のサイズのこと以外にパソコン関連の単語で「HD」という略語はハードディスクの略称としても利用されるため、

フルhd

full high definition videoの頭文字でフルHDと呼ばれている。
1080p フルハイビジョンと日本では呼ぶ解像度
パソコンモニターのサイズで最も普及している解像度。
1920×1080のサイズ

ストリーミング再生のサービスでは、HDサイズが割と多い。
買い切り型だと、フルHDが好まれる。
これは大画面で閲覧すると線がぼけて見えたりするからだ。

Blu-ray discがこのサイズのメディアディスクです。

今後の解像度拡大化

2017年時点でiphoneなどのスマートフォンでも4K動画が撮影できる時代になっている。
ただし動画編集ソフトは高価なソフトしか対応していないことから編集がハードルであること。
動画のデータも巨大になる為、転送やアップロードも障壁になりやすい。

Youtubeは、4Kどころか8Kにも対応しているがこれは当分先のことになるだろう。
インターネットインフラがスマートフォンの普及によりカツカツである現状が有る。