最近PCのメモリーが安いのですが間違えてはいけないメモリーの種類ですが見た目だけでは区別がつかないので、ラベルなどがはがれているとかなり厄介です。
メモリの特徴としては、差込口の隙間が型によって異なることで、当然マザーボードのスロットとメモリの規格が一致しないとささりませんし無理に挿しこもうとすると破損してしまいます。

スポンサード リンク

メモリーが安いぞ

  • DDR1
  • ソケット775以前のもの PEN4とか(これよりも以前の規格は当方は、知らない)

  • DDR2
  • CPUソケット775 PenD とかCore2Duoのマザーボード(この世代のメモリは比較的触れている)

  • DDR3
  • ソケットが1366 1156 1155等のcore iシリーズからのマザーボードに使うメモリー。
    (2Gb以上のメモリーが一気に安くなった世代。8GBも普通に売られている。)2通りの規格の名称があったので理解に苦しむDDR3。

    違う規格のスロットにはささらない。

    まぁ大抵違う型番のマザーボードには、違うメモリーは、刺さらないようにはなっているようなのですが、
    間違えて無理にはめようとすると
    マザーボードもメモリも、壊しちゃうので買い間違いには注意したいところ。

    DDR3-10600とかいう下の番号に関しては、たいてい互換性はあるのですがスペック等の部分で高いパフォーマンスが得られるように互換性は気をつけたいところ。
    マザーボードが対応していないと上の番号代のメモリーは何かしらトラブルが起きても保証ができないはず。

    CPUメーカによる差異

    AMDは互換性が幅が広いのですが、マザーボード・CPUによって異なってくるので要確認する必要がある。
    チップセットとの兼ね合いもマザーごとに確認しないと適当に組み合わせるのは命取り。

    IntelとAMDで使えるメモリーの規格には差異は無いのですが、AMDのチップセットの方が幅が広く使えたりする。
    互換性で自作PC初心者は頭を抱えるところなので、PC機器メーカーはもうすこし分かり易い仕様でいてほしい所だ。


    自作PC部品ならドスパラ

    最新

    シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL11 8GB 2枚組み W3U1600F-8GE

    シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL11 8GB 2枚組み W3U1600F-8GE

    2013/05/27 23:23時点では8GBの2枚組み合わせが¥10,128という価格で販売されている。
    メモリはどんどん安くなっているのだから、
    常に新しい物がお得だったりする。
    (最近では古いものを使いまわすよりも新たに買い替えたほうが、お得なPC部品だ)

    8年位前には、余った古いメモリを一時キャッシュに使えるようにする部品も販売されていたが、最近ではSSDやフラッシュメモリーが大容量化、高速化しているので、余った古いメモリの2次使用する機会は殆どない。
    有効利用する方法があればいい気もしますが、普通に寿命は長く破損は少ないのに、
    長く使い続けられないメモリの運命なのでした。

    アマゾンAmazonで『パソコン・周辺機器』を検索する