WindowsXPのOSサポート終了時期は2014年 4月 8日 らしいですが
それでも現在WindowsXPを使用していてWindows7かWindows8に悩んでどれを選択するべきか悩んで、XPを使用しつづけている人もいると思うので、ネットを早くする方法の紹介。

スポンサード リンク

マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーに基づき、2014 年 4 月 8 日 (米国時間) に Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows XP 64 ビット版 SP2 および Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) の製品サポートが終了します。サポート終了後、対象となる製品へのセキュリティ更新プログラムの提供が終了します。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx
あと2年無いですからね。

使うソフト

ネットを高速化する為にすること→TCPウィンドウサイズを調節する。

  • 使用ソフト:NetTune
  • XPだとこのソフトが便利です。
    http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/websupt/speedanlz/nettune.html
    XPとVISTAまで対応している。

    Windows7からはTCP/IPはOSの機能で自動調節してくれるのでこのカスタマイズは不要。(Vistaは未確認)

    もともとXPが発売された当時はISDNやアナログ回線でのインターネット接続が一般的で、光回線の接続サービス等は存在していなかった。このためTCPウィンドウサイズを大きくしてやる必要がある。

    最新のPCと現存の光回線で試したことが無いのでこの値がどの程度がベストなのかというのは一概に言えないのですが、