現金化アプリCashの内容が、使ってみてガッカリした。
質屋アプリとしてのイメージ
もともとアイテムの写真だけで査定できるという魅力ばかりが大々的に報じられていたため期待したのですが
実際にインストールすると期待したものとは異なった。

インストール

CASH|目の前のアイテムが 一瞬でキャッシュに変わる
CASH

アプリをインストール後起動。
電話番号入力が必須
⇒SMS送信で認証
4桁の数字入力
これで利用開始は可能。

使ってみる

実際に登録方法確かめてみた
ブランドやメーカー検索は絞り込みが無難
しかし
実際には、該当するメーカーが登録されているものでなければ不可能。
一般的に普及が多いブランドやメーカーだけなのだろう。
登録されていないと査定にたどり着くことすらできない。
例えば
Appleだと

CASHでappleカテゴリの項目
CASHのappleカテゴリの項目

「iPhone」か「iPad」しか項目は存在せず、
Macbookや iPod touchなどは無い。
apple製品がすべて対応しているというものでは無いのだ。

公式サイト
CASH|目の前のアイテムが 一瞬でキャッシュに変わる
https://cash.jp/

CASHの特徴

  • CASHで稼ぐことは不可能。(お得な買取サービスであるかどうかも未知数)
  • 中古買取に行く「手間が省ける」ということ(発送は必要ですが)
  • 「写真だけで査定の額が知れる」という程度のサービスでしかない。

凄く便利というわけではない。

雑感

CASHは、14時までであれば即現金振り込み対応可能ということで、現金化するには楽なのかもしれない。
ブランドものなど保有していて即換金化したい人には使い道があるのかもしれませんが、
一般的には扱いにくい気がしてならない。
ただしメルカリやヤフオクの方が勝っている点や
幅広い出品が可能な自由度と比較しても優位性は大きい。