twittercard ツイッターカードとは、twitterの機能で、きちんと設定したらURLをつぶやくと、こういう概要が表示される物だ。

Twitter Cards mihonn

スポンサード リンク

何を言っているの?と思った方、普通のURLをtwitterでつぶやいてもこういう表示はされないのですよ。
Twitter Cardsというのが現状では申請して承認されないと表示されない機能なのです。

詳しくいうと

Twitter Cards 001

「概要を表示」という所をクリックすると、下に ぴょこんと表示される。

ディスクリプションか何かの説明などが表示される(細かな詳細設定は確認してないオイラ…)。

Twitter Cards rei

便利な機能なのですが、facebookのOGP設定のように設定したら問題なく表示されるものでなく申請して承認されないといけないのがTwitter Cardsはひと手間面倒なのです。

しかぁーし。申請で4回も設定できてないよ却下だった。なんというか挫折しかけたwので、この解説をするとする

無料ブログでは?

アメーバブログなどは、運営がすでに設定してあるっぽい。

amebaaa

サービスによっては個別ユーザー毎に設定が必要だとも思う。

wordpressで用いるプラグイン

  • Twitter Cards
  • というプラグインを追加するだけで設定は無問題だと思う。

    すべてのカードは、デフォルトでは、Twitterのカードの要約である。にタップtwitter_card_propertiesあなたのサイトや作者のTwitterのアカウントを参照するフィルタ。

    を通して、あなたのサイトのTwitterカード表示テストTwitterのカードプレビューツールを。


    http://wordpress.org/extend/plugins/twitter-cards/

  • https://github.com/niallkennedy/twitter-cards
  • ひとまずwordpressは、Twitter Cardsというプラグインをインストールして実行するだけでOKっぽい。
    これを有効かした後に、プレビューツールで単一記事のURLなどで表示がされるか、試して表示されていたらOKである。

    申請が難解

    英語が全く理解できていない機械翻訳ツールに頼ることしかできないオイラにはどうも申請でしくじりまくった。

    申請のプロセスに関しては、はてなブログのスタッフブログ?の解説が、分かり易かった。(他サイトの説明を読むと混乱するだけだった)

    http://staff.hatenablog.com/entry/2013/03/25/182846#twitter-domain

    これみて申請したら数日後には有効かされていた。
    むしろこのリンク先通りの”申請項目記載”で、申請すれば問題ない筈。
    (無駄に記載するとNGったり文言が適切でないと弾かれると思われる。)

    確認する

    プレビューツールは twitterのIDとパスワードでログインしないと確認できないですけどね
    https://dev.twitter.com/docs/cards/validation/validator
    ※試しに、別アカウントで確認してみたら、Card Preview の画面も3月時点とは、デザインが変わっていたorz
    まぁ基本的には同じ筈です。


    Twitter Cards

    この前にも+1日同じメールがあるので、4回却下されているまったく内容は同じ英文のメールがある。
    早く通常の基本機能になってくれるといいんですけどね。

    WordPressのSEO 2015年時点