ブログ等をエゴサーチする方法
エゴサーチとは自分の氏名やソーシャルメディアのIDや、ハンドルネームなどで検索する方法。
WEB上で叩かれていたり悪評だったり言及されていることを調べることを指す。
色々とあるソーシャルメディアをエゴサーチする方法。

スポンサード リンク


注意点
人によっては、
エゴサーチしていると、どんどん生命力を削られるのでお勧めしない。

Twitter検索

https://twitter.com/search?q=yahoo.com&src=typd
↑これは特に意味ないですが、
yahoo.comで検索した場合のURL事例です

URLでTwitter検索する。
もう少し色々な方法で絞り込みたい場合には、
高度な検索使って絞り込むと良い。

https://twitter.com/search-advanced
https://twitter.com/search-advanced

Yahoo!検索

Yahoo!検索の中でも使うのはリアルタイム検索だ。

http://search.yahoo.co.jp/realtime
http://search.yahoo.co.jp/realtime

ソーシャルメディアのIDやハンドル名、またはサイトURLなどで検索する。
言及日時や、グラフ表示もされるので炎上しているときの勢い数は見やすい。

通常で検索するとTWITTERとfacebookの内容が検索できる。
情報が多すぎる場合には、
Twitterか、Facebookで選択した言及を調べることができる。
※非公開設定のアカウントのものは含まれない。

Google検索

通常検索以外に画像検索などでも色々と貪る。
テキスト・画像・動画・地図検索など色々と絞り込める
時期も限定して絞り込めるので便利だ。
検索式(演算子)用いて検索すればかなり絞り込める。

※動画検索などは、動画タイトルや説明文にテキストが記載されていない場合はヒットしない。

2ch検索

    2ch内で検索するには貧弱なのでGoogle検索で調べる。
    2ch+ドメイン名等

  • 2ch.net
  • 2ch.sc
  • この二種類が存在することと

  • http://open2ch.net/
  • 等も存在するので
    各種掲示板のドメインと自分が検索したい単語で絞るといい

Bing検索。
http://www.bing.com/
その他の検索エンジンはさほど重要ではないか。
アメリカの yahoo.comは、Bing搭載なので差は無い。

雑感

他人の情報検索しているときはウキウキして検索できますが、
自分の情報を検索してもダメージが積み重なるだけでプラスになることは殆どない。
というかエゴサーチとか、自分の情報検索しても良い事無いよね?とだけは毎度思う。
会社勤めとかしている人で身バレ防ぐために鉄板を敷くのであればまだしも、普通に適当事ツイートしていたり、ブログ書いていたり動画アップロードしていたりすると、
どこで何言われているかは、無尽蔵に増えていくので気にする方が無駄である。
エゴサーチで調べているからな
強がるブロガーの心理は謎だ。

小さなサービス

はてな
http://b.hatena.ne.jp/

タンブラーなど
https://www.tumblr.com/
Google検索にヒットされにくいサービスも存在する。
他にも中小WEBサービスは存在しているので各々目星をつけてローカル検索してみると、意外な言及が掘り出せることもある。