ハードディスクドライブ(HDD)関連の記事

ハードディスクドライブはパソコンに用いられる記憶装置。Cドライブなどに用いられる。

読み書きが、高速な記憶領域

最近ではHDDドライブよりも高速な読み書きが可能なSSDが普及しているため、
ハードディスクドライブは、Dドライブや外部の外付けHDDなどの記憶装置として使われる事が多い。

ハードディスクドライブ(HDD)とSSDの差

SSDは容量が少なくHDDよりも高価なため、ハードディスクドライブの需要は当分期待される。
今後も動画ファイルが4Kテレビなどが普及したりすると家電などのHDDの需要としても期待は高まる製品だ。

大容量化するハードディスクドライブ(HDD)

2016年度現在では8TBのハードディスクが販売されていたり大容量化が目立っている。
同様にSSDも容量は大きく安くなってきてはいますが未だHDDの方が安価で容量が大きい。

格安外付けハードディスクドライブ

PC

外付けHDDを買うのなら自作で組み立てたほうがお得なのではと思ったのですが・・・。 BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ・・・

2011年に、SATA3.0が普及するのか

自作PC
serial ATA 1and serial ATA2 cable

2009年後半から市場でSATA3.0が見始めたのですが現在でももっぱらHDはSATA2がまだ多い。 SATA3.0(6Gb/s)と、SATA6.0Gbpsと表記があるのでややっこしい現在のHDドライブ事情。 SATA3・・・

Windows7で古いバックアップのデータを消してハードディスクを軽くする

Windows7
Windows7デフォルトのデスクトップ背景アイコンのイラスト風味

Windows7でPCを使っているとバックアップデータの保存を促される。 しかし気づいたときには、保存先のHDが一杯になっていて、保存できないことになっていたorz 古いバックアップのデータを、消去して保存先のハードディスクを軽くする方法を調べてみた。

SSDとHDのベンチマークテスト

自作PC
SSD Windows7プロフェッショナル OSインストール直後

SSDとSATA2.0接続のHDのベンチマークテストをしてみた。 SSDもマザーボードもハードディスも2.0の記録なので一応メモなのです。 SATA2(Revision 2.5や2.6)は、3Gbpsの転送速度 まず最初・・・

ページの先頭へ