2017年度版セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ糖類ゼロ

動画

seven-and-i-chuhai-strong-grapefruit-zero-sugars-2017-11-30.jpg

飲んだ感想

2017年度版セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ糖類ゼロ
2017年度版セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ糖類ゼロ

若干ピンクががった黄色濁りの液体
アルコール度数は9%なのでサントリーのSTRONG缶と差はない。
ただこれはこれで為張る程度のアルコール度数の強さは際立っている。
飲み比べしないとどっちが強いかはわかりかねるけど。
価格も安いのでお得ではあることと、味で劣るとも感じないため悪くはない。

栄養成分表示

栄養成分表示 セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ
栄養成分表示
標準成分表:100mlあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 56kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 1.2g
ナトリウム 0g
食塩相当量 0.06g

以前は350ml表記だったのにいつの間にか100ml表示になっていた。

炭水化物量が1.2g×3.5で 4.2グラム という値、以前よりは増えているな。
これは劣化と言わざるを得ない。
まだサントリー製品の方が糖質で考えると優秀なのかもしれない。

500ml版

2015年度版

セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ糖類ゼロの缶デザイン
セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ糖類ゼロの缶デザイン

2015年度の炭水化物量は栄養成分表示が正しければ優秀な値だった。

動画

栄養成分表示

セブン&アイ チューハイストロング グレープフルーツ糖類ゼロ
栄養成分表示
標準成分表:350mlあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 165kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.8g
ナトリウム 77mg
糖類 0g

350mlあたり炭水化物2.8g と安心して飲めるチューハイ。
500ml缶だと3.8
2015年3月11日

2017年

その後パッケージデザイン変更はあるものの継続して販売は続けられている。
期間限定の商品で杏が出ていたがあれは甘すぎだったかな。

セブン&アイのチューハイは、まいばすけっとの展開しているオリジナルチューハイにみえるシリーズよりは圧倒的に美味しいので支持できる。
ただし専門メーカーであるサントリーやアサヒビールのチューハイと比較すると安いけどそれなりという面は否めない。
(実売価格で十数円の差ですけども24缶とかケース買いして買うと結構金額に差が出る)
どちらが好きかはその時々販売されている商品によるけども、セブン&アイには頑張ってほしいかな。

サントリーはキャンペーンが糞なので支持できない。
セブンアンドアイ:イトーヨーカドーのネット通販サイト
個人的にはセブンアンドアイは他のコンビニチェーン店より支持したい品質なので頑張ってほしい物ですが
FCの問題とかアルバイト問題とか黒い部分も多すぎてあまり芳しくない感じもする。
吉野家も商品はよくても混入多かったりするからな・・・。
腹が立っているので色々と思うことを上げる 吉野家16食目の牛すき鍋膳(並盛)は
茶色と黒色のチェック柄プリーツスカート
制服着た成人でもアウト?現代のJKビジネスが色々と謎

セブン&アイ 関連記事