2019年2月、客で来店たむけんに「おもろ無い奴」…ラーメン店主なぜツイート!?
という出来子度が有り
そのごラーメン屋は営業は続けていたが
2019年5月についに今月末で営業を辞めるとツイート。
たむらけんじをTwitterで罵倒したラーメン屋のweb炎上から考えるラーメン知識
一度炎上したことで知名度は上がったものの、マイナスイメージは出来なかったのだろうか?

閉店(営業終了)ツイート


相変わらず「店主」としか書いておらず名前は無い。
※WEB上では当時から拡散されていましたし今更表に出さなくても判明してはいますが。
オープン1年で閉店に追い込まれるというのは結構痛いダメージだと思うのですけど。

SNS運用が変だったこと

飲食店もといラーメン店の店主とは信じられないくらいに
煽りツイートだとか人の写真に「くさそう」とか
信じられない投稿が見られたこと。
芸能人だけでなく元々一般ユーザーからも煙たがられる要素があったのではと強く思えた。
ラーメン屋辞めて果たしてこの店主に働き口がスムーズに見つかるとは考えにくいのではないだろうか。
危惧することとしては名前を変えてまたラーメン屋別で再開するなどだな。

不思議な点

食べログは3.5以上の評価であり、決して低いわけではないこと。
味の評価はうまいというレビューか 魚臭いという辛辣評価で二分されている印象。

Googleマップの古い口コミは何故か全て消えている
最古のものは1週間前の物からしか確認できない。
この真相は不明。
基本的にGoogleマップのレビューは運営者の判断で削除できなかった筈だ。
マップ位置ずらして再登録しなおしたのだろうか?

普段の客入りがどうだったのかは不明ですが、そこそこの街であることから訪問客が少ないとは考えにくい。
通常悪評が出たり、うまくない店でも繁華街にあると立地などでマイナス要素が無い限りは客入りは確保できそうなものですが、
人員不足だと体調不良とか別の要素があったのだろうか?
もともと従業員の人たちから評判も悪かったようですし暴露ツイート拡散されていので
潰れるのは必然だったか。
働きたいと思える内容では無かったからな。

雑感

飲食店だけでなく客サービス全般でも、たまにオカシイ店員とか割といる。
自己中というか自尊心が強すぎるというか、明らかに冷静に対応できなかったり
インターネットの利用の仕方を理解できていない人は割と多い。
非弁行為するラーメン屋とか、
脅迫じみた内容を平然とGoogleマップに書き込む輩
Twitterでなりすましアカウント作って、エロアカ運用するラーメン店主など、
バカな自営業者は意外と存在している。
最悪 「らーめん曳舟」濃厚鶏みそ|ら~めん曳舟

麺家いさむというラーメン屋の店主もTwitter運用のマズさとか、謝罪文の文章、迷惑電話へのテレビインタビューの対応のやり方の不味さなどで
自分で墓穴ほっていてたような面も見受けれたので、認知度はあがっても客足は遠のいたのかなとだけ思うのでした。
どっちにしてもここまで悪評が出尽くした店舗で働きたい人は出てこないだろうし。
飲食店の悪例としては良い事例なんでしょうけどね。
今後も悪い見本として歴史にその名は残る気がしてしまう。

店舗地図


普通に以前入っていたテナントが不人気なだけで廃業したのであればそんなに苦労はないだろうけど。
仮にここに、別テナントでラーメン屋が入ってもGoogleマップとか正しく訂正できないと面倒な事にはなりそうだな。
最初は、麺家いさむの関連店でないのか疑われそうですし。
屋号だけ変えて再営業が最も疑心暗鬼の要素になるだろうから。

他の媒体記事
ラーメン店主たむけんに「おもろ無い奴」ツイート、そして5月に閉業ツイート
ラーメン店主たむけんに「おもろ無い奴」ツイート、そして5月に閉業ツイート