NHKの受信料を支払わない方法を紹介します。

このことは何故NHKに受信料を支払う必要があるのか?ということから理解する必要性が有る。
年間費用では1万円を超えるNHKの受信料を支払わない為の方法の紹介です。

高いNHKの受信料の額

NHKの受信料の負担金額
契約の義務が発生する条件
放送受信設備があれば加入しないといけない

金額はというと口座振替やクレジットカード払いだと、12か月前払いで13990円
払込用紙だと 12か月前払いで 14545円だ。
最大額だと払込用紙で 2か月払いだと 15720円1年間で支払わないと行けない。

テレビが無くても生きていける。
若い世帯や貧乏な世帯がテレビを設置するということは無駄遣いに思えてしまう。
高齢者など収入が無い人がテレビを見るのは自分の首を絞めているのと何も違いがない気がする。
テレビが無くても何の支障もない。
テレビが無いと生きていけないなんてことは無い。
最悪ラジオだけでもいいし インターネット接続が出来る環境があれば情報の入手には事欠かない。

スマートフォンもiPhoneが有れば事足りる。

テレビが見れる器機があるかどうか

NHKに加入する必要性がある状態とは、テレビを閲覧可能な設備があることが前提だ。
先日のワンセグ機能つき携帯の裁判は結果がまだ確定ではないので難しい問題はありますが
原則テレビが無ければ加入する義務はない。
NHK敗訴『ワンセグは契約の必要なし』 受信料制度に一石
ワンセグ裁判の控訴の結果如何によっては、意図しなくてもパソコンでテレビが見れる端末や、ワンセグ・フルセグ対応の携帯電話を保有しているとアウトになる。

受信機器無ければ解約可能

結果としてテレビ受信機器無ければ解約可能だ
テレビが無ければ加入の義務はない
テレビが有るなら廃棄すべき。
中古ショップに買い取ってもらってもOK
家電リサイクル法の適用外の製品であれぱ粗大ゴミに出す。(市区町村で処分方法は異なる)
スマートフォンや携帯電話も、ワンセグやフルセグが無い機種に変更するのが良い。
カーナビなどもテレビ機能が付いてない物に変えるという姿勢が必要。

NHKへの解約方法

テレビが閲覧できる機器を廃棄したうえで、処分した証明を残しておく。
その後NHKに電話などで連絡し解約届が届いた記載して返送する。