シフトキーで休憩している人形2つ
ホームページを運用する為のレンタルサーバー選びについて
javaとか動かしたり
VPS構築したりしない
通常のWEBサイト運営で使うお勧めのレンタルサーバーについて紹介する。
データベースが使えるもので、月額500円代程度の物から1000円以上の物まで。
基本的に2~3百円程度でMySQLが使えるレンタルサーバーサービスには期待しない事。
最低でも500円以上のプランが無いと貧弱です。

レンタルサーバー選びのポイント

  • 転送量:
    肝心・転送量に余裕がないとWEBサイトが表示されなくなる。
  • データベース容量:ワードプレスなどCMSの場合には記事データが、HTMLではなくデータベースに保管されているためデータベース容量が足りないと記事が追加できなくなったりエラーのが発生する可能性がある。
  • 容量(HDD・SSD等の容量)
    画像やPHP・HTMLなどが収納されるスペース。
    サービスによってはデータベースハードディスク容量が折半されるサービスもあるため注意が必要。

wpXクラウド



 WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

  1. 最新の高性能サーバーマシン&高速ネットワーク
  2. 大容量30GB、月額1,000円(税抜)~  
  3. リバースプロキシによるキャッシュなど、専用の高速システムを採用
  4. 専用の管理ツールから簡単セットアップ
  5. 過去14日間のデータの自動バックアップ機能
  6. 独自ドメイン対応 & 1契約につき10個のWordPress運用

エックスサーバー

株式会社エックスサーバー(旧:株式会社ベット)が、提供しているレンタルサーバーサービスの『エックスサーバー』

    月額1080円~

  • PHPのバージョンアップや
  • 高速化(サイト表示やサイト内の動作)
  • SSL無料利用可能 を追加されたりと色々と取り組みが積極的なサービス。
  • 月額1000円代払ってでもお得なサービスに感じる。

  • 電話サポートも有るが技術的なことはヘルプの内容と差が無く技術的なことはメールサポートになってしまう。※電話サポートは、あまり期待できない。

https://www.xserver.ne.jp/
エックスサーバーの上位プランや、ビジネス向けのエックスサーバーサービスも開始している。
Xserver Business
※もともとエックスサーバーが提供しているsixcoreがビジネスユーザー向けだったはずなのにこの違いはピンとこない。エックスサーバーという名前の認知度が高くなりすぎたことからだろうか。

同社の他サービス Sixcore 
容量無制限レンタルサーバーX2
他複数サーバーサービスがある他
WordPress特化のサービスも有る。
WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

ConoHa WING

GMO系のレンタルサーバーサービスのConoHa WINGが国内爆速サーバーとうたっている。

ピュアSSD RAID10構成のハイスペックサーバーということで最近の収納サーバーのスペックを踏まえている。
超高速PHPアプリケーション実行環境「LiteSpeed LSAPI」
「NGINX」に対応。
独自SSLも無料で利用可能という事。
電話サポートも有る
独自のWordPressかんたん移行ツールを無料で利用可能ということ。
ドメインの引越しは楽そう
現在これは検討中
ConoHa WINGに移転を検討してみる。WordPressの挙動が重いドメインが数個あるため引越し検討中

MIXHOST

MIXHOST期待したいサービス。

初期費用が掛からない事がエックスサーバーよりもメリットがある。

運営元がシンガポールということが不安要素として残る。
mixhost

デメリットは管理画面が癖があること。
サーバーのサービスあまり利用したことが無い人にはとっつきにくい面は否めない。

反対に日本国内のサービスであるエックスサーバーやロリポップの方が日本人向けにわかりやすさが有る。
mixhost

550円未満のサービス

1コイン程度の価格未満のサービスでもWordPress設置をすることが可能ですが、サーバースペックが低かったり共用サーバーの中でね占有率が多いことが殆どでレスポンスが良くないこともたまにある。

さくらインターネット

月額スタンダート540円~からの物 (更に下位プランもありますが割愛)
割と価格に対する容量・転送量データベース(MySQL)容量はコスパは良い。
欠点は、コントロールパネルのデザインが古いこと。
何年たってもちっとも改善しない。
月額費用は
1年払いで2か月分割安になるメリットがある。
データベータ数やサーバー容量でコスパが良い。
運営期間も長い為信頼性は強い。

ロリポップ

月額
ロリポブラン 250円代~
チカッパ 500円~
へてむる 1000円~
等プランがある
過去に色々とやらかしたイメージがあるので現在は全く使っていない。
データベース(MySQL)利用するならチカッパプラン以上が好ましい。

雑感

最低でもエックスサーバー借りておけば問題ない。
安さ求めるならさくらインターネット。
レンタルサーバーは各社ありますが、極端に安いサーバー使っても難があることが多い。
格安サーバーで月額100円程度のはどうしようもないことが多い

アダルト向けサイトのサーバー

さくらインターネットは2次絵などのアダルトコンテンツまでは、セーフだったりするのですが
3次となるとアウトになる。
他社レンタルサーバーサービスも同様だ。
原因としてはえろコンテンツはトラフィックが大きくなる問題
掲載画像などの法的な問題
運営会社の信頼を欠く恐れとか様々に考えられる。
法的トラブルの発生率も高い可能性が考えられる。
アダルトOKのレンタルサーバーは月額費用が高めなのもネック。
転送量などでもタイトなことが多い。
上記で紹介したMIXHOSTは、アダルトサイト可能なサーバーとしては料金はお得だ。

フレンドサーバー


月額300円からの高スペック・高回線の海外格安レンタルサーバー
SSD搭載のレンタルサーバー
運営会社がラスベガスという点がありますが、致し方ないか。

FC2

お薦めはできませんがFC2にもアダルトOKなレンタルサーバープランはあります。
ただし月額費用は高め。

サーバーを分ける理由

※レンタルサーバーを各社紹介しているのはIPが偏る癖が有るからです。
アフィリエイト目的で運用する場合はレンタルサーバー会社を分散させた方がリスク分散でもメリットがあると考えられます。
例えばAWSだけ使っていると Amazonがトラブったりすると全てが止まる可能性が有る。
これはGoogleプラットフォームとかでも同様。
サーバー会社は止まらない事を全力で運用がなされていますが、現実には予期していないトラブルと言うのは起きる。
WordPressのクラウド型サーバーでSSL導入試してみた。|Sova WP