岡山県赤磐市の男子生徒が運転する車が中央分離帯を乗り越えて事故というニュースがあるが
不思議な点が
免許取り立てとしても在学中の高校生って10月でも免許保有できているというのは、リスク高過ぎだろうと感じる。
同級生のせて事故という点と
対向車の人まで軽傷という被害が残念過ぎる。

高3運転の車、対向車と衝突 運転・同乗の生徒3人死亡

岡山市北区玉柏の県道で19日午後11時35分ごろ、高校3年の男子生徒(18)=岡山県赤磐市=が運転する乗用車が中央分離帯を乗り越え、対向車線を走行していた岡山市の会社員男性(54)が運転する乗用車に衝突。

運転していた男子生徒は免許保有していたという事。
10月なのに免許保有というのは早くないだろうか?
免許取り立てで友達乗せて事故というパターンは昔からままあるパターンなのに注意力なさすぎなのではと思えてならない。
免許取りたてで友達のせて、調子に乗って大けがするパターンというのは風物詩的なものではありますが愚かすぎる。ましてや他人巻き込んでの事故なので擁護できる材料がない。
見通しが良い現場らしいが当時雨が降っていたという報道もあるためスリップしたのか?と予想されるが。

中央分離帯を乗り越えて
対向車線と衝突だから男子高校生側に10割の過失が有るのだろうけど

ぶつけられた会社員が悲惨すぎるだろう。
万一重症とか追っていたらとんでもない事故になっていたとしか言いようがない。

車の保有者は誰なのか?

一般的には親の可能性が高いだろう。
高校生に車を買い与える親というのは一般的に居ないだろうし
任意保険の内容がどうなっているかで賠償請求の今後が大きく変わるだろう。

しかしながら免許取り立ての高校生とかが無茶な運転して巻き添えの事故くらうというのは怖すぎでしかない。

同乗者

高校生二人も死亡というのはシートベルトつけていなかったのだろうか?
中央分離帯を超えてしまうという運転がどのようなものだったのかと中央分離帯がどういうものかわかりかねるが
同乗者も命落とす自己というのは悲惨でしかない。
搭乗したのは本人たちの意思だろうけども遺族の間の関係性や学校での噂とかで相当面倒くさいことになるのだろう

事故ったドライバーは免許取り立ての認識の甘さだとしか考えにくい
搭乗していた同級生は免許とか運転に関する知識は無かったのかと思えてならない。
反対車線にいてぶつけられた車は悲惨でしかない。
加害者側と被害者側が逆だったらもうバッシングされそうな事故ですが、免許取り立ての人の事故という点で
文字『岡山県赤磐市の男子生徒が運転する車が中央分離帯を乗り越えて事故』