夏の太陽がキラキラ輝いている時期は肌の露出が増える季節です。
しかし、肌を老化させてしまう原因は紫外線なのは、年老いた人の肌で、服を着ている部分は比較的老化していないことに対して、常に紫外線を帯びている部分と比較すれば、誰でも気づくことだと思う。他にも栄養の摂取や、喫煙者・非喫煙者などでも変わってくるとは思うが、最たる要因は紫外線ということは濃厚だろう。

スポンサード リンク

光による老化の原因は「UV-A」というものであるとされており、肌の老化はシミやタルミの原因になる。

  • 日中は極力外出しない。
  • 日焼け止めは必ず対策する。
  • SPF値が高い物は、効果は強いが、肌への負担も強いのでSPF28程度で良いとのこと。
    http://youpouch.com/2011/08/12/154718/
  • 夏場は汗などで、日焼け止めが落ちるので塗りなおす必要がある。
  • 真冬でも紫外線の影響は変わらない。
  • 自宅で適度な運動とバランスの良い食事で、引きこもって生活していたら、果たして老けないのか?というと微妙な課題が残るとは思いますが紫外線対策は面倒ですね。