FXで売買は為替の取引においては、
買いから入って売って決済すること
売りから入って買い戻して決済することも可能です。
buybuy
デイトレードでは、この両方を余すことなく使うことで、利益獲得のチャンスをより多くすることが可能です。

スポンサード リンク

実際の売買

特徴としては、
買いから売りにはいる、順張りとよばれるトレンドは、じりじりとゆっくり上昇するということ。或いはジリジリと下がっていく。又は上下にブレていったり戻ったりを繰り返します。

逆に
売りから買いで決済する、逆張りのトレンドは一気に動くこともあったりで、短期で決済してもすぐに利確できたりします。
基本的には買いでも売りでもトレンドは魔逆なだけで、体感で錯覚するというところでしょうか。

売買のコツ

為替取引では、ニュース(市況の発表)などを第一に考える人がいますが、これらは、NY証券上の取引時間だったり欧州の発表じかんなどで、1日、1週間に何回も常用な統計などが発表されることもなく、突発的な世界的なニュースが流れる事も草々起きないので、基本的には最重要視する要素ではありません。

どの時間帯でどういったものが発表されるということを事前に把握しておけば良い程度でそれで売りか買いがどちらに動くのか?というのは到底事前に読み切る事は現実的でもありません。

売買のタイミングの実際の取引方法では、テクニカル分析に応じた、分析に基づいて取引をすることが必要です。

デイトレードといっても、相場の時間帯が世界中で24時間動いているとはいっても、活発な時間帯は一定の時間のみなのでその間に取引を集中させて取り組んだほうが無難だと思います。

低レバレッジで塩漬け取引をする場合はこの限りではありませんがその場合は長期的な展望や世界経済の動向にきをつけておく程度でしょうか