FX取引におけるデイトレードの薦め
デイトレードの薦め
なぜデイトレードが良いのか?

  1. 数時間後為替の価格が今より安くなっているか当てることはできますか?
  2. 3日後今の価格よりも安くなっていることはわかりますか?
  3. 半年後ドル/円の価格が高くなっているか安くなっているか?

わかりますか?

スポンサード リンク


1よりも3の方が難易度が高いことは誰でもわかることだと思います。
よく言われるのがどんなに為替に詳しい人でも1年先の為替の価格は当てられないということ。半年先でも無理でしょう。
投資に関する雑誌等で、記載されていたり、市況ニュース的な物で記述されている内容が当たり続けた事を見かけたことがありません。
これは当然のことなのですが、市場は常に動いており、世の中の動きなど多様なものの影響をうけて外貨は動くので、期間が長ければ長いほど当てることは困難なものなのです。

この為、FXで、売買するのであれば、難易度が簡単なものは時間が短い方がリスクも少ないのです。

デイトレードのメリット。

ドル円で、1日間で1円動くことはまずほとんど無いです。
大きな材料があって何円も動く日というのは1年間に数日あるかどうかという値動きなのです。
この為、数時間から~数分間の売買がどれだけ、リスクが少ないのか、長期トレードだと、値幅がどれだけ見えないことなのか?ということが少しは想像できるのではと思います。

FXでデイトレードの薦めとして

FXでは手数料無料の代わりにスプレッドという値幅がFX会社の実質手的な手数料になります。
このスプレッドが「狭いこと」と「約定力が高いこと」この2点が、FXの短期売買ではもっとも重要になります。
デイトレードやスキャルプトレードのように1日に何回も売買する取引手法では、スプレッドによる手数料が一番のコストになるのです。
通貨によっても多少向き不向きのFX口座は換わってきますが、以下に代表的なものをあげておきます。

  • スプレッドも約定力も高いFX口座
  • スプレッドが狭いFX口座
  • 約定力が高いFX口座
  • 注意してほしいのがFX先進国のアメリカであってもFXのスプレッドは2銭程度かかります。
    このため日本のFX会社のスプレッドは極端に狭いといってよいでしょう。
    このためアメリカドル:円2銭は目安になるのではと思います。