電子タバコで禁煙が一時webでたくさん販売されていたものの、最近ではコンビにでも見かけるようになった・・・

電子タバコの写真
電子タバコの写真

これはタバコを吸うという行為を紛らわせるためのものでしかない。

スポンサード リンク

煙草を吸っている人の実に70パーセントがニコチン依存症というデータがあるようです。

その中のニコチンに依存しているわけではない、30パーセントの人なら電子煙草で禁煙できるんだと思います。要するに、ニコチンに依存していない人ならこれでもやめることが可能なんだと思います。

電子タバコを完全に否定するわけでは無いのですが、禁煙することでイライラしたり、煙草のことが頭で一杯になるような人は電子タバコをかってもまったく効果はないはずです。なぜなら、電子タバコを利用することで禁煙が出来るということには医学的な根拠はないのです。
電子タバコは、水蒸気を筒の部分で作り、カートリッジを通すことで風味をつけて、吸う形になるので、置換療法的な効果は無いのです。
日常生活において、タバコを吸う事が週間になって口さびしい等というケースにはよいかと思いますが、カートリッジの風味も電子タバコごとによって異なるでしょうし、それらを比較するにはコストが課か過ぎてしまいます。

ただ、知っている人で電子タバコを利用することで禁煙できたという人は数人いましたが・・・。その人たちが毎日どのくらい、どの銘柄のタバコを何年間吸っていたのかは知らないので、比較対象にすることができないのです。

仕組みとして脳内でニコチンを欲しがっているという状態で、電子タバコを吸っても、解消されないのですから。
ニコチンを欲する気持ちは解消されることはないのです。
自分はヘビースモーカーだと自覚がある人は電子タバコに手を出すのは早急だと思うのです。

ヘビースモーカーの人で電子タバコが気になる人は、宣伝ページが気になる前に、禁煙すると決めた場合は他の方法をとるほうが、断然良いと思います。

他禁煙グッズ
ニコレットを使った禁煙

飲み薬を使った禁煙方法