ニコチンガムというものなのかは解らないのですがまぁニコチンを含有しているガムである。

ニコチンガムのニコレット
ニコチンガムのニコレット

(古い画像なのは昔に禁煙にチャレンジした証ですorz余っていたのです・・・)

スポンサード リンク


タバコと違い、ニコチンだけを含んでいるので一酸化炭素やタールなどの物質を摂取しないので、ニコチンだけ補って、タバコを吸う習慣を無くして辞めるようにするタイプになります。

ニコレットで禁煙する場合、最大で1日に利用して良いのは12個とされている。最大でも24個までとなっている。
1粒あたり噛む時間は1時間なので12時間と想定されている。まぁ、食事や風呂の時間を加味すると、ずっとかみ続けることはありえないと思うので、12時間も口の中に入れることが可能であれば、大丈夫だろうとは思う。
脳内でニコチン不足の指令が出た際に、ニコチンのガムからニコチンのみを補う形なので、システム的には理にかなっているとは思われる。

ただ、比較的、クールミントはヘビースモーカーには向いていない。
味がなんというかまんまミントガムを若干苦くしたようなものなのだ。メンソールなどのタバコを吸っている人なら満足できるのだろうが、ホープを10年以上吸い続けてきた私にしてみると、通常の緑の味を添加していないタイプのものでないと今いち効き目が無い様な感覚はあった。
使用感覚としては、噛んでいる間だけは、ニコチン不足を紛らわすことは可能です。
ただヘビースモーカーの状態でこれだけで1日目に、我慢するのは正直相当つらいです・・・。

ニコレットはコストが、高い

ニコレットの欠点としては金額的にコストがかかる。
1日あたり12個利用するとした場合1200円かかることになる。
ニコレットの価格は、
もし1日12個買うとすると、
1日

  • 12個入り 1,200円
  • 2日

  • 24個入り 2,300円
  • 3日

  • 48個入り 4,400円
  • ・・・

  • 54個入り 7,600円
  • 単純に飲み薬などと、比較した場合の話なのですが、無保険で購入するわけなので、こればっかりはどうしようもないきがする。

    ランニングコストとしては高いのです。
    早い段階で、ニコチンを欲する気持ちが薄くなってやめれたらいいのですが、少なくても数万は、最初に見ておかないと辞められないと思うのです。

    ニコチンパッチなども、店頭で買う場合の1日あたりの価格はたいして変わらない。(効き目は不明・・)

    しかもニコレットは短期的に辞めれるものでもなく最長だと4ヶ月間などの期間を用いて減らしていくことになるので、必要なコストとしての金額的には高いのです。
    楽天でニコレット検索すると意外と安く買えたりもしますが・・・正直あまりお勧めできるものでは無い。

    医療機関でニコチンを含んだガムを処方されるケースであれば保険適用の上で買えるのでしょうが、ニコレットは意外と使い勝手は悪い気はしました。(保険適用されかどうかは未確認)

    まぁ現在はチャンピック巣を処方されることの方が主流の様ではあります。
    ニコチン依存が中度の人なら意外とこれでも辞めれる可能性はある気もする。

    他禁煙グッズ記事

    電子タバコで禁煙
    飲み薬を使った禁煙方法