無料ブログは広告がうざい。
しかし広告が無いと無料ブログはサーバー代金とかドメイン代がかかるので運営元が自腹で払っていたらつぶれるので広告が入ってしまうのは理解できる。
だが世の中にはデフォルトでも、広告が無い無料ブログは存在する。

スポンサード リンク

唯一広告がデフォルトで0なのはBlogger

http://www.blogger.com/home

  • メリット
  • アドセンスの認証も簡単にできるし、アドセンス掲載も比較的最近は楽になってます。
    独自ドメインも利用可能。
    wordpressやMTへの引越し(記事エクスポート等)が楽。

  • デメリット
  • ただxml形式のテンプレートが厄介。(HTMLとCSSだけの記述しかしらない私にはカスタマイズが辛い。)
    トラックバックやPING送信機能が無いのもbloggerの特徴。

    規約が判り難い(一度1個のブログが停止されたことがあるのですが復元不可能で利用規約違反らしいのですが原因が明確にわかりにくいのでやや難。)

    見えにくいバグが意外と長いこと放置されているのも厄介。Googleはbloggerのサービスはあんましやる気は無いように感じられる。

    運営元はGoogleなのでサービスが終了する可能性は極端に少ないとは思いますが、カスタマイズが厄介なのも、ちょっとたまに傷。(HTML の編集がXML形式なのでサイト作成素人の私には、さっぱり理解できない・・・)

    wordpress.comも、wordpressを無料で作れて、無料で広告0個で運用することはできますが、wordpressの機能を全快で使うには有料オプション使わないとだめっぽいのであんまりお勧めはできません。
    ちなみにwordpress.com自体は英語しか対応してないっぽいので、有料プラン申し込むのはちょっと敷居が高い。むしろ、wordpressをdownloadして、自前ドメインとレンタルサーバーで作ったほうが楽。

    他国内ブログ

    SEESAAは、設定しだいで非表示が可能。(モバイルは不明)
    FC2ブログは、1ヶ月以上更新がされていないと表示される。(モバイルは不明)
    ライブドアは有料版使わないと非表示はできない+モバイルテンプレートには有料プランでも広告が入るらしい。

    他の無料ブログだと広告非表示だけでも315円程度~かかるサービスが大半なので、無料ブログサービスの内容との比較と妥協でしか無いですね。
    レンタルサーバーだと、ハッスルサーバーやロリポップだと、月額300円程度で運用可能なので、それらを使うのがメリットは大きいと思う。
    レンタルサーバーの比較(WordPress向け)