WordPressでブログを作る理由について
無料ブログと比較した場合について紹介する。

WordPressでブログを作る理由は複数ある
無料ブログでも良いのか?
WordPressをお勧めする理由は?
10年近くWordPressと無料ブログも利用してみた結果から各々の短所と長所を紹介したい。

ちなみに人生において最初に作ったブログなんざ今では残っていない。
ただなんだかんだで数年続けていると、
無料ブログとそのサービス固有のドメインだけだと損だよという内容です。

スポンサード リンク

サイト運用について

    ブログと言ってもWebサイトだ。

  • WordPressはWEBサイトを本腰で作る時。
  • 無料ブログは気楽に始めたい場合。
  • 無料ブログを選択するとしても独自ドメインだけは、必須と断言する。

1年間で数記事しか投稿しないだとか
ブログは日記だと思う人は、あまり執着しないのかもしれませんが
「リアルのビジネス用途でブログを投稿している場合」
「アフィリエイトで収益化したいんじゃー」
「ブログ飯なにそれ美味しいの?」
と考える人なら、ドメイン取得しよう。

    無料ブログに向いている人はこんな人

  • ブログが無くなっても問題ないと考えている人は無料ブログでも良い
  • アクセス数が、ある日突然激減しても構わない人なら無料ブログでもいい。

それ以外でブログが無くなったら困るという人は、最低でも独自ドメインで運用可能な無料ブログサービスを利用すべきだ。

独自ドメインの必要性

無料ブログでも最近では独自ドメインが使えるサービスが多い。
これは無料ブログのドメインだと自分が保有するURLではないため、
今後万一ブログサービスが、終了したらブログのURLが失うリスクを軽減できることから
無料ブログでも独自ドメインを使用すべきだという事が最優先すべきだ。
(記事データや画像データはバックアップを取っていても、ドメインが変わると、被リンクや、過去の流入のトラフィックが無くなる。)

    独自ドメインは、

  • http:任意の文字.com
  • http:任意の文字.jp
  • 等、自分で登録したドメインの事。

http:任意の文字.*無料ブログのURL*.com/
これは↑
サブドメインなので含まない。

http://*無料ブログのURL*.com/任意の文字
これは↑
ディレクトリなのでサブドメインとリスクは同じ。

WordPress理解できないという人に対しては
独自ドメインさえ利用していれば、極端な処では無料ブログでもWordPressでも良いと思う。
(厳密にはリンク構造や、その他の問題がある為、無料ブログサービスは、お勧めはしませんが)
最低でも無料ブログに独自ドメイン設置できるサービスを選択することをお勧めする。
(ライブドアブログやBloggerなどは独自ドメインが無料で設置できる。)

有料プランが必要でも、その程度の月額コスト(数百円)は、出費として諦めてでも独自ドメインで運用したほうが良い。(はてなブログ等)

  • http://nufufu.com/ 無料ブログで使っていて
  • http://nufufu.com/ ワードプレスに移し替えて
  • https://nufufu.com/ SSL導入しても使える。
  • 独自ドメインの更新を忘れたりしなければ生きている間は一生使える。

今後80年でよほどの技術革新でも起きて、ドメインという概念が廃れるとは想像できない。

    これが無料ブログについているドメインは移動できないのがリスクだ

  • **.fc2.com/
  • 例えばfc2ブログのドメインだと保有しているのはfc2なので
    他サーバーや無料ブログに移転できない。ブログのドメイン(URL)が変わる。
  • 最低でも無料ブログを選択する場合は、
    独自ドメインを設置できるサービスを使うことをお勧めする。

独自ドメインのコスト

ドメインの年間維持費用は、
FC2ドメインだとcomなどは980円程度~
日本のドメイン事業者でも1100円程度~の費用しか掛からない。
ドメインとるならお勧めは
バリュードメイン
細かいことにこだわらなければ、
FC2ドメイン(安い)や、他ドメイン事業者でも構いませんが、
レンタルサーバー会社が合わせて提供しているドメインサービスだけは避けた方が良いだろう。(移管とかするのが面倒そうなイメージしかないので)
FC2⇒バリュードメイン⇒バリュードメインという移管は割と楽でした。(確認済み)

ムームードメインは、ここで理由は説明しませんが、お勧めしない。
お名前.comはドメイン取得で使ったことがない。

無料ブログ

はてなブログ、FC2ブログ、ライブドアブログ
GoogleのBrogger、楽天ブログYahoo!ブログ ニフティーやエキサイト、gooブログなど
日本で無料ブログのサービスはたくさんある。
有料プランででも独自ドメインが設置できるサービスが望ましい。
独自ドメインが利用できない無料ブログは利用する価値は無いと言い切れる。
商用利用禁止な無料ブログも存在する。
アカウント停止・サービス終了というリスクが最も怖い。

    無料で独自ドメインが設置できる

  • ライブドアブログ
  • Brogger
  • Seesaa
  • Tunbler
    有料プランで独自ドメインが利用可能

  • はてなぶろぐ
  • fc2ブログ
  • WordPress.comのブログ

WordPress

WordPressはCMSというサービスで、記事や画像などのコンテンツを投稿しやすくしたサービスのこと。
一部を除いて、オープンソースで提供されているため無料で利用可能だ
ただしサーバーで動かすMysqlというデータベースが必要なので無料ホームページ用のサーバーなどでは利用できない。
格安のレンタルサーバーなら月額数百円から利用可能。

その他のCMSの例

他CMSは
ムーバブルタイプ ECキューブ等
サイト構築の際、用途によってはワードプレス以外のサービスを考慮にいれることもある。
基本的にブログだけで考えればWordPressで十分だ。

無料ブログのメリット

無料ブログと、ワードプレスで運用することは、どれが楽か?といえは無料ブログだ。

  • 開始するのが楽
  • 1円もかけずに開始できる。
  • 高いPV数に耐えれるサービスも有る(ライブドアブログ)
  • 無料ブログのTOPページなどの新着記事からのアクセスが見込める
  • デメリット

  • サービス終了の可能性。(合併や倒産によるブログサービスの終了)
  • 無料ブログによっては広告が完全に削除できない。
  • サブディレクトリ型のブログサービスは検索結果にヒットしにくい。(他無料ブログと競合するため)
  • ブログサービス全体がペナルティーに引っかかることが有る。
    Seesaaブログが検索結果に出なくなった?
  • 引っ越ししようとしても画像ファイルなどの引っ越しが面倒なサービスが多い。
  • 記事はMT形式で書き出せるサービスが殆どなのでブログ引っ越し自体は出来ないことはないが
    ブログURLが変更になることだけは免れない。
    ドメイン間の301リダイレクトできないサービスも多い
    細かな設定のリダイレクトが行えない。

    無料ブログは運営に関しては多少無料ブログサービスを運営している会社の責任はあるが、
    結局記事データや画像ファイルのバックアップは自己責任。
    トラブルが起きたら数日間サイトがダウンするなんていうリスクも考えられる。

    WordPressのメリット

    • WordPressはSEO最適化のThemeやプラグインが多い。
    • Twitterカードやfacebookのシェアカスタマイズが容易に可能なプラグインが多い。
    • AMPなどの導入も早い段階でプラグインが発表されていた
    • SSL導入が可能なサーバーも多い。
    • 投稿と固定ページの使い分けでコーポレートサイト風に作りやすい。
    • リンク切れの発見などもワードプレスだと簡単にチェックできる。
    • 全記事内のURLや文字の置き換えもプラグインで簡単に可能。

    デメリット

    • 状況によっては、Mysqlの知識が少しは必要になるケースも
    • プラグイン相性が良くないとサイト表示が真っ白になったり各種エラー表示に遭遇する
    • 細かなカスタマイズをしたい場合PHPなどをいじらないといけない。
    • 極端に高いPV数(月間数百万PV)だと相応のコストがかかる
    • データベースやサーバーのトラブルなどでサイトが吹き飛ぶ可能性がある。
      (画像やデータベース等のバックアップとっていないと悲惨なことになる)

    基本的に全て自己責任。

    比較してみて

    長期的に運用するサイトの場合は、
    多くの知識身に着ける覚悟ででもWordPressでサイト作った方が、被リンクなどの蓄積も考えると優位になる。
    (無料ブログだとパーマリンクや、様々な事でカスタマイズできないことが多い為デメリットが大きい。)
    表示速度に関してもワードプレスでは、徹底的に高速化カスタマイズすれば、1秒台に表示可能なサービスはあるが
    無料ブログだと同様の速さには難しい。

    収益面

    無料ブログは掲載可能な広告の制限があるサービスが多い。
    広告を完全に消すことが可能な無料ブログも存在するものの、
    有料プランに加入しないと消すことができなかったりするため、
    レンタルサーバーでWordPressを運用するのとコスト的には差がなくなる。

    ライブドアブログなどはスマートフォン表示だとTOP部分にライブドア側の広告が表示されるのが消せない。
    年齢制限がある広告など掲載できない無料ブログも多く存在するため、
    規約をよく読んで運用しないとBANされる可能性もある。
    FC2ブログの大量凍結騒動
    Yahoo!・楽天・Googleなどメインアカウントに付随するブログサービスを利用している場合には、メインアカウントを何かしらの理由でクローズした場合には、紐づけられているブログも消える。
    逆にWordPressであれば
    ほぼ無条件に広告は自由に張れる。
    ブログアフィリエイトを開始して稼ぐには?
    ※レンタルサーバーによっては殆どがR18なコンテンツはNG。
    一部のサーバーでは可能なサービスが無いわけではない。
    ブログの中で削除されやすい無料ブログサービス

    WordPressとSEOは無料ブログよりも有利か?

      SEOはサーチエンジン最適化の意味だ。

      Google検索エンジン最適化スターターガイド – Googleusercontent.com http://static.googleusercontent.com/media/www.Google.com/ja//intl/ja/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

    • WordPressにはSEOに適したテンプレート(THEME)やプラグインが豊富にある。
    • SSL導入が可能という点でも無料ブログには出来ないことも出来る。
      (一部の無料ブログでは無料ブログのサブドメインに関してはSSL化されているサービスも存在しますが9割以上は導入できない。)
    • AMPの導入などもプラグインの登場は早い。
    • CDNなどを用いて負荷分散・高速化表示も利用可能。
    • スマートフォン対応もレスポンシブデザインのテンプレート(Theme)が主流であることから、悩まずに運用しやすい。

    WordPressで運用していてもすべてのSEO対策が施せるか否かはレンタルサーバーに左右されたりサイトの特性に左右される点は出てきますが、無料ブログよりは自由度が高い。
    WordPressはSEO対策には不利なのか?

    無料ブログとSEO

    無料ブログで最新のSEOを施すとなると、ワードプレスで100できても無料ブログでは80程度しか対策が施せない上に
    無料ブログでWordPressと同等のSEO対策を施そうとすればするほど余計に、HTMLやCSS、scriptの知識が必要になってくる。
    リンク構造や、ブログの仕様等どうしても変更できない点が多く存在するため
    無料ブログでSEO対策を万策施そうとするには無理なことが多く出てくる。

  • SEOに強い環境でWordPressを運用する方法
  • WordPressを使ってみる

    お勧めはしないのですが、SITEMIXでもWordPressは使うことが出来る。


    ただし広告表示がされるため、ワードプレスがどういう管理画面で
    どういうことが出来るのか触ってみたい人にお勧めといえる。

    WordPress.comで作る無料ブログよりは制限は少ない。
    https://wordpress.com/
    一応本家のwordpress.comでも無料ブログは作成できますが
    プラグインの追加などは、無料プランでは利用できない上に
    サイト内の記述が英語部分が多すぎる。

    Sova WP フリープラン
    SovaWPにも月間数万PVまでなら、無料でWordPressを利用することができる。

    他にも英語圏等では、無料ブログの感覚でWordPressを作れるサービスは多く存在している。

    本気でワードプレス運用

    • エックスサーバー

    • SSL導入可能
      高速表示は有る程度可能。
      2016年に独自ドメインが無料でSSL導入可能になったことで
      一気に利用したい度数が、急上昇したサービス。
      エックスサーバー株式会社には『先に同社のサービスのwpXクラウドにSSL導入しろよ』と言いたい。

    • Sova WP
    • WordPress専用クラウドサーバー Sova WPクラウドタイプ
      SSL導入可能
      高速表示有る程度可能
      マルチサイト化可能。
      月額コストが、ちょっと高めなのがネック
      メールサポートは、エックスサーバー株式会社よりは好感。

    • wpX


    • クラウドタイプ
      高速表示可能(WordPressの基本Themeでデフォルト状態に限っては最も表示が早い)
      SSLが2016年8月時点で導入できないのが難。⇒2016年8月中旬から無料でSSL利用可能になった。
      Mysql容量が少ないこともネック。
      データベースバックアップは自動で2週間分保存されており、自分で取り出せる恩恵は安心度高い。