ワードプレスは記事データが、DB(データベース)にたまったものを出力しているとかで、一定数よりも記事が増えると重くなる。
ワードプレスサイトのプラグインとかの兼ね合いもあるのかも知れませんがひとまずの回避策としてキャッシュをためておく方法があるとか。
いくつか同様のプラグインを試したことがあるのですが、
DB Cache Reloaded Fix
というやつは設定項目が少なくシンプルだったので。
http://wordpress.org/extend/plugins/db-cache-reloaded-fix/
以下設定方法等

スポンサード リンク

インストールする。

  • プラグイン→新規追加
  • DB Cache Reloaded Fix
    で検索

    有効化する。


    そのままの画面から、DB Cache Reloaded Fix を有効化する。

    設定する。


    オプション設定に進んで有効化する必要があります。

    設定画面


    DB Cache Reloaded Fix の設定画面。

    1で有効にチェックを入れて、
    2で保存。

    これで機能するようです。
    項目が他のデータベースキャッシュのプラグインと比較しても遥かに少ないので楽です。

    目的用途によっては他のデータベースのキャッシュプラグインもかなりの数ある様子で便利そうなものも有るにはあるのですが、大抵設定がピンとこないのが難点です。

    デメリット

    3.3 などから 3.41にverアップしようとしたときに 更新が完了しないという症状が起きた。
    これはwordpressSupercashなとでも同様の症状があったようなのでこれらのプラグインを使うときは停止した後にWordPressの更新アップデートをしたほうが無難だろう。