WordPressのJetpackのCDNが完全にはSSL対応していなかった。
firefoxでの混在コンテンツのURL表示例
SSL表示ではない例。
CDNが混在コンテンツになった図
当初は普通に使えていてSSL完全に動作していたのですが数日様子見していたらこのありさまだ。

その後分かったことですがのJetpackのCDN『Photon』自体は、SSLに対応している模様

イメージタグのキャッシュURLも同様の http://になってしまう。
何故混在コンテンツになるのやら。

スポンサード リンク

原因?

SSL表示できていたものが、なんでこうなったのかは不明。
Photonの仕様がこういうものなのかもしれない。
jetpackのphoton(CDN)の機能
Photon を無効化したら
ssl-kanzenn
完全にSSL導入済みの表示で混在コンテンツではなくなった。
Sovaたん。
JetpackのCDN利用したら SSLの意味ないじゃないですか。
こうなったら、結局、クラウドフレアの有料プラン(月額20$)検討するしかないですかね…。
まぁトラフィック多いサイトではないので当分導入予定はありませんが。

SSL導入後に、Photonで混在コンテンツが出来る理由

その後判明したこと

    混在コンテンツが発生していた原因は3つ

  1. .htaccessを書き換えるプラグインが存在している。
  2. キャッシュプラグインが悪さしている。
  3. Theme固有の仕様の為

以上のことがわかったのですが、どちらにしても面倒だ。
もとよりW3TCが悪さしていたというのが正しいかな。
Theme固有の癖は痛い。
しばらく様子見してみます。