wordpressのロゴ最近もっぱら増えているwordpressですが簡単インストールだとディレクトリにインストールされるのでルートフォルダにインストールしたい場合などは、WordPressを自動でアップロードしないといけない。ディレクトリにインストールしても別個ルートで表示させることは設定で可能ではありますがこっちのが楽なので。

WordPress公式ページ

http://ja.wordpress.org/

古いバージョンもダウンロード可能。(サーバーの仕様によっては最新版が使えないことがある)

無料ブログ的に使いたい場合

FTPソフト何それという人は、
FTPソフト?訳わからないという人は
WordPress.comで、無料でwpのサイトを作ることが可能。
ただ普通のレンタルサーバーにWordPressをアップロードするのと比較すると制限が多いし管理画面がややっこしいのでお勧めできない。
http://ja.wordpress.com/
ただしtheme(テーマ)の自由な追加・編集や、プラグインの追加、FTPアップロードなどは無料のままだと自由には出来ない。

    無料で使えるワードプレスとしてこういうサービスもありますが広告非表示にするには有料プランが必要だったりします。

  • 広告非表示:月額158円
  • FTPが理解できない人でもWordPressを利用することが可能ではあります。

  • 海外の無料ブログサービスでWordPressを利用できるサービスは他に色々とあるようですが割愛。
  • 海外のレンタルサーバーだと無料プランの物でもMySQLが使えて、WordPressをアップロードできるサービスもある用です・・。

レンタルサーバーの比較(WordPress向け)

WordPressの利用の際に日本国内のWordPressが使えるサービスは、広告が多いしverが古かったり 有料プラン使わないとまともに使えないものが多いので・・・レンタルサーバー借りたほうが無難です。
レンタルサーバーに気をつけて
MySQLというデータベースが利用できてPHPが利用できるレンタルサーバーならたいていWordPressは利用可能なのですが、たまにphpのverが古くてサーバー会社に問い合わせても仕様変更の予定は無いとか抜かす会社があった。
基本的にはWordPressは最新の物で問題ない。(むしろ最新版が使えないレンタルサーバーはセキュリティー対策の意識が低い可能性が大きいので早めに引っ越す事を推奨する。)レンタルサーバーだけは、最新のWordPressが利用できない会社を利用するメリットは安くても利用する価値は無いので早めに別の会社を利用したほうがいい。

  • 安いものだとハッスルサーバーでも最新のwordpressで運用可能。
  • 大手のサーバーだと、ロリポップ系列、
  • さくらレンタルサーバー、
  • 他確認したものではSixcore Xサーバー
  • などは比較的最新verでも問題なく使える。

    さくらレンタルサーバーだと、スタンダートプラン(月額500円)からデータベース利用かせ可能なのでこのプラン以上であれば、wordpressの利用が可能。最近データベースがさくらのスタンダートプランで複数のデータベース利用が可能になったので利用頻度は高くなった。

    インストール方法
    wpのインストールは、どのレンタルサーバーでも基本的にほぼ同じ。
    昔ハッスルサーバーだけパーミッションいくつに設定したら良いのか?設定がいまいち理解できず、問い合わせてしまったことがある。(最近は問題なさそう)

    サーバーによっては、MySQLが、localhostでは無く個別の設定を記載しないといけなかったりはしますが、各自サーバーのインストールや、設定方法とか参照で。

    インストール方法の注意事項

      WordPressのアップロードから設定は、本当レンタルサーバーの仕様などで、細かなパーミッションだとかが若干かわってきたりするので、このサイトでは多分書きません。
      なのでいくつかのサイトをメモしておきます

    • WordPressのインストール手順
    • URL失効
      FTPソフトでのアップロードの仕方から記載されている。

    • アップロード後に、よく悩むポイントとしては、『パーミッション』だと思う。これはレンタルサーバーで異なってくる。
      FTPソフトの基本設定がソフトでも異なるので、要チェックが必要。
    • 過去に、
      ロリポップやさくらインターネットは、FFFTPでそのままインストールできたのですが
      ハッスルサーバーだと個別wpcontentsが、パーミッションが、いくつかじゃないと、インストールが完了しないことなどもあった。
    • パーミッションに関してはアップロード後にも変更可能なので、利用サーバーのヘルプなどで調べてほしい。
      無料ソフトのFileziraというFTPソフトだとフォルダの直下を一括でパーミッション変更可能なので便利です。

    • WordPressのインストール
    •  http://www.seotemplate.biz/blog/wordpress-tips/1036/
      「レンタルサーバー別のWordPressのインストール方法。」なども記載されている。と思ったらリンク先がきれていたorz
      WordPressをロリポップのサーバーにインストールする。

    • 初心者のためのWordPressインストール方法
    • http://lovelog.eternal-tears.com/wp-use/install/beginner/
      インストール時にたまにえらーが出てしまったりするときに 行う「手動でインストールする方法」が記載されている。
      最初は.phpファイルに書き込むことすらもおどおどおっかなびっくりやってしまったオイラでした。

    余談

    FTPソフトでアップロードだとかパーミッションだとかの設定やMySQLを使用するので最初の設定でCMSでサイトを作るのは、HTMLサイトよりちょっと入門の難易度は高いのですが、Wordpress入門について書かれている本を読んだり検索エンジンで使用しているレンタルサーバーにWordpressをインストールする方法を個別に調べていたら設定方法はでてきます。
    これでもHTMLサイトや無料ブログで運用するよりもはるかに大きいメリットがあるので利口な人は早い段階からメインのサイトは独自ドメイン+レンタルサーバーで運用したほうがよいと思うのでした。