WordPressの固定ページについて

WordPressの固定ページは、ホームページでよく見かける
会社概要や特定商取引法などのページに似ている単体のページ
コメント欄や余分な記載を必要としないページに向いている。
Theme(template)では
page.php
が用いられる。

スポンサード リンク

固定ページの特徴

WordPressの固定ページ
投稿一覧の所に綴られない記事のこと。

  • アーカイブページなどでも表示されない
  • 別個メニューなどで 固定ページへのナビゲーション設置が必要になるのが固定ページ
  • カテゴリーやタグの設置が不可能。(ただしタグだけは、THEMEによっては可能)
  • 更新日なども記載されないがデフォルト。(Themeをカスタマイズすれば可能)
  • pingやトラックバック機能は存在しないためクロールされにくい。
  • コメント欄は無い。ソーシャルサービス等のコメントなどの設置は可能。
  • 投稿ページとの大きな違い

    固定ページで大量の記事をツリー形式で書くのは不向きだ。
    単一記事を作るだけであればあまり困らないのですが
    数十ページという単位でツリーの下に作っていると、どこに項目があったのか見つけにくくなる。
    WordPressの固定ページのツリー構造
    後々の修正や保全、WordPressの管理画面からの検索でも固定ページを大量に作ると管理しにくくなる。

    WordPressでホームページ風のサイトを作るには