ワードプレスで作成すると、普通にブログっぽくて嫌だという人や、
会社の公式サイトをWordPressで作りたいという人が参考にできそうな方法の紹介です。
WordPressで普通のHTMLサイトのホームページを作るにはコツがあるようです。

スポンサード リンク

WordPressでサイトを作る

WordPressでブログじゃないWebサイトを作るときのいろいろ(サンプル付き)
http://webdesignrecipes.com/wordpress-corporate-website/

TOPページのデザインのカスタマイズで
どうにでもなるとは思うのですが、
そのデザインが、一番ネック名部分ではあるので、Theme(テーマ)が専用の物一つあれば簡単に作成できるとは思うのです。
CSSとかPHPいじるのが難しいという人には、やはり敷居は高そうではあります。

全て改良しなくても良い
この手のは会社風のThemeを提供しているテンプレートを用いるのが一番無難だとは思う。
後は有料プランのカスタマイズサービス利用したりするのが無難だろう。

素人が無理に頑張ってTHEME作成すると致命的なエラーに遭遇するとページが表示されなくなるリスクも存在するためだ。
もしTHEME作成するときにはテスト環境でベッドメインと別サーバーを用意してから利用した方が良い。

会社風のサイト作成の基本

投稿ではなく、固定ページで構成すること。
基本的なページである代表例として
『会社概要』『サービス内容』『メニューや料金表』『よくある質問』『問合せフォーム』
これらの主要な項目は固定ページで作成する事だ

投稿ページの使い方
逆に投稿ページを使うのは、ニュースリリースや新着情報など、新着トピックとして必要な話題、旬が存在するテーマの話題は投稿ページで記載したり、
レシピなど多数のページが作成できるものは、投稿ページで、カテゴリーを作成して投稿するべきだ。

WEBサイトのデザイン

冒頭でも触れましたが、固定ページであれば、個別のデザインは、『ページ属性』を追加することで、複数のデザインを構築可能だ。
ただしPHPの知識が若干必要なため、WordPressに慣れていないと、カスタマイズは難しい。
最初からある程度のデザインパターンが豊富な有料のテンプレートでも選んで作成するか?
新しいデザインを自分の思い通りのデザインで作成したい場合には、テンプレート作成の知識をきっちり覚えてから取り組んでいくべきだ。

変化するWEB技術

THEME作成といえども現在のWEBデザインの技術は10年間に必要だった知識とは大きくかけ離れておりHTMLとCSSが理解できたとしても
SEO(検索エンジン最適化)的に追いつけない点が数多く存在している。
レスポンシブWEBデザインAMPの導入も欠かすことは出来ないため幅広い知識が必要になる。

テンプレート作成に時間を取られるくらいなら、
自分が作りたいデザインと近いTHEMEを購入してでもそこからカスタマイズした方が圧倒的に楽だといえる。

文字『WordPressでホームページ風のサイトを作るには』