WpTHK は高速表示にカスタマイズされていて、
内部SEO最適化もされている無料テンプレートだ。
ひとまず無料のSEO themeでは好き。
STINGERや、SimplicityよりもWpTHKの方が、表示速度は速い気がする。
(同一環境のサーバーにて、関連記事表示あり、前2テンプレートよりは高速だと思う。)

    別ドメインで試した感じとしては、

  • さくらインターネットのスタンダート500円代のサーバーでもそれなりに表示されてくれる。
  • エックスサーバーでもほぼ同等。
  • さくっと表示速度改善してみたい場合には手っ取り早いテンプレート変更の選択肢の一つ。

SovaやwpX環境においては WpTHKを用いても他THEMEと比較しても、速度に突出した変化は感じない。
まだSovaWPやwpXというクラウド型のWordPress特化サービスの環境下ならWordPressのデフォルトThemeの方が快適。
ここではレンタルサーバー型(エックスサーバーや、さくらインターネットのスタンダートプラン)を前提として紹介する。

スポンサード リンク

WpTHKをダウンロード

WpTHK の公式サイトからダウンロードする

ダウンロード

親テーマと
子テーマ
両方ダウンロード

アップロード

WordPress テーマのアップロード
アップロードする

WordPressにWpTHK のthemeをアップロードする図
WpTHK を選択した図⇒「今すぐインストールする」をクリック

wpthk upload 完了の図
アップロード完了⇒「有効場化」

wpthk uploadして有効化後の図

親テーマ有効化している図

子テーマ

そのまま子テーマも追加する。
wpthkの子テーマアップロードする図
今すぐインストールするをクリック。

子テーマもアップロードする。
wpthk-200子テーマをアップロードし終えた図
有効化クリックする。

wpthk子テーマ有効かした図。

子テーマ有効化した図。
この状態で、子テーマのまま運用する。

インストール後の速度

wpthk インストール直後の速度
この後シェアボタンのキャッシュ他はダッシュボードからテーマ⇒『カスタマイズ』で項目をいじる。
その他プラグインとかいじってれば、この計測ツールでもそれなりの表示速度はでるようにはなる。
ただしwpXで基本Theme縛りの運用には届かないので、
レンタルサーバー型のサービスにワードプレス設置している場合にはの措置。

カスタマイズ項目

wpthkのカスタマイズ項目メニュー

雑感
  • 基本静的なHTMLのキャッシュ吐き出すプラグインなどのサイト構造
  • 動的な部分根こそぎ削いでクラウド型のサービス利用するか?
  • この二択になる。
    そのうえで
    CDN利用(画像・スクリプト・等のキャッシュとブラウザキャッシュの管理等)
    が最もシンプルな高速化になると思う。