日本円硬貨枚数は国が発表している。
ここからどの年に発効された硬貨がどれほどの希少価値があるのか判断することが可能だ。

スポンサード リンク

データ

この票から分かるのは、
最近、1円玉は 平成23年 平成24年 平成25年が少ない
50円は、平成22年23年 平成24年 平成25年が少ない。
故に今後中古取引などでの売買価格が上がると考えられる。

何故1円や50円が少ないのか?

これは、単純に電子マネーの普及が挙げられる。
硬貨を使わなくとも、決済が出来るサービスが近年では増えているからだ。
Suicaや携帯電話による決済、
各種インターネット用いた電子マネー決済など、
爆発的に色々な方法で買い物ができるようになっているため、硬貨の必要性が少なくなっていることが要因としてある。

発効枚数が増減する理由

平成26年にいきなり発効枚数が増えたのは、前年度に消費税増税や、今後も消費税の引き上げが予定されていることが確定したことが原因に考えられる。
5%
⇒8%(2014年4月)
⇒10%(2年後) 
今後オリンピックなども予定されているため、記念硬貨の発行なども考えられる。
その他にも様々な経済動向で円の発効枚数は変化する。

日本円の硬貨の問題

日本円の1円玉に使われている素材はアルミニウムだ。
しかしこのアルミニウムに関しては、現在のアルミ相場の価格の方がg単位で価格が高騰してしまった原料だ。
1円のグラムに対して1円以上の価格があるのだ。
まさに逆転しているのですが、1円玉を鋳潰して他のものに使うと法律に触れるため罰せられる。
これらの逆転現象が起きるのも経済の変化による影響だろう。