WordPress引っ越しの方法メモとして気になる要素をメモ

スポンサード リンク


引っ越したり大幅な変更をする際に色々と弊害が出やすいので各種参考になりそうなサイトをメモしておきます。

パーマリンク変更

通常はポストIDとかで振り分けてくれる場合もあるのですが 過度なパーマリンクの構造を抜いたりすると、自動でリダイレクト処理できないので 別箇リダイレクト処理する必要があるのですがそういう時に使える便利な方法。

  • WordPressのパーマリンク設定を途中で変更する方法
    http://presentnote.com/redirect-permalink/
  • パーマリンクの形式を変更した際の、リダイレクトプラグインの紹介と設定方法が記載されている。
    パーマリンクが一番ネックな部分なのでメモしておきます。

    試しに記事の通りに自前のパーマリンク設定で試したところできました。
    便利です。
    単一記事はこれでいいと思うのですがcategoryページ他は、状況によっては、

  • Redirections というプラグインで補いつつ様子見である。
  • 個人的には
    /%category%/%postname%/
    これが推奨パーマリンクだ。
    理由はGoogleが推奨するツリーか構造や、URLだけで何が書いているのかを理解しやすくするため。
    ポストネームも日本で運用するか、英語で運用するのかはSEOから考えて賛否が分かれるところです。

    サイトのツリー化構造

    さらにアーカイブページでarchiveという文言を抜く方法がある。
    https://nufufu.com/homepage/wordpress/wordpress-benri-puraguin/
    ここの
    URL
    という箇所で紹介している、
    WP No Category Base
    というプラグインを用いることが必要。
    この構造にすることでGoogleのPDF(Google検索エンジン最適化スターターガイド)に基づいたツリー構造になる。