wordpressのロゴWordPressを利用する際に、MYSQLがあれば基本的にインストールすることは可能なのですが、
中には、WordPressをインストール出来ても様々な障害が起きやすいサーバーが存在する。

スポンサード リンク

PHPバージョンが古くて、最新のwordpressにアップデートできない。

wappyというレンタルサーバーの事例。



http://www.wappy.ne.jp/という、レンタルサーバーを2011年に契約してみたのですが、これはPHPverが最新のものだインストールできず、やむなく古いwordpressをインストールしたのですが、最新の物で無いとセキュリティー的に怖いのでお勧めできない。
こういう問題を早い段階で改善しようとしないレンタルサーバー事業者ってどうなんよ。と思うのでした。
価格が安いだけで選ぶとこういう罠にハマる。
安さだけで選ぶと致命傷になる。

各種エラーが多発するサーバー。

  • abcサーバーでwordpressを突っ込んで利用してみたのですが、なぜか、パーミッションなどは、基本さくらインターネットと同様な感じで試すと、色々とエラーがでる。
    IP分散サーバーで、格安なプランだと色々と制限が有りそう。
  • プラグインも利用できないものが圧倒的に多い。
    一般的なレンタルサーバーと同様の扱いは困難な印象。
  • つい最近PHPのバージョンが5.5位にやっとのことで更新されたものの、今まで使えていたプラグインが更に、1/3程度使えなくなった(有効にするとWPの管理画面が、真っ白になる)
  • 詳しいレンタルサーバーの知識が無いと、有名所以外のレンタルサーバー以外にWordPressをアップロードして利用するとweb検索をしてみても解決方法が見つからないので、できれば有名なレンタルサーバーサービスで利用すべきだと思うのでした。

様々あるレンタルサーバーのサービスですが、標準でWordPressもまともに利用できないレンタルサーバーとか、利用したく無いんですけどね。
普通は仕様とか、利用可能なCMSという箇所で記載があるので、それらを一応確認しておいた方が無難です。
記載が無いレンタルサーバーでPHPverと、MYSQLの有無だけの確認だけで試してみると何故か運用で、手こずるのでした。

お勧め

レンタルサーバーの比較(WordPress向け)

月額1000円程度支払ってでもエックスサーバーを契約しておけば満足なスペックは得られます。
WordPress特化のクラウドタイプでよければwpXなら500円(税込:540円から利用できる。
WordPress利用で格安サーバーだとロリポップ(月額250円程度)でも利用できなくはないのですがお勧めはしません。