当日の引越しでバタバタしているという事は多々あります。
最悪の場合は、午前中に電話を掛け捲って空いている業者を見つけて、駆け込みで引越ししたことがある人はいないでしょうか?
詳しく、注意ポイントを書き出してみます。

引越し業者は予約制

引越しは、数週間前~のペースで事前予約しておく必要があります。
県外などへ引越しや、長距離での引越しほど業者選びは早い段階で行うべきものです。
繁忙期が、2月頃から4月まで続くので、この間は、極力早い段階で、転居先が決まったら、引越し業者選びをするべきです。引越し業者が見つからず、引越しが出来ないということになっては本末転倒です。
荷物量などでも配送業者が見つけられるか否かが左右されますので、業者選びだけは早い段階で行うべきです。

一人暮らし引越し

一人暮らしの引越しは、1人暮らし用のプランの引越しが可能です。
この場合トラック1台分という量ではなく、業者指定の収納ボックスに収納できる量が設定されています。
このプランでは、大型の家電が少ないケースが該当します。
該当しそうな事例としては、家具家電付の住まいに転居する場合や、新社会人になるときなどで、洗濯機や冷蔵庫などは新居で購入する場合が無難だと思います。単身赴任などの場合で荷物が少ない場合などは単身プランで引越し可能だと思います。
荷物量に関しては、引越しボックスに収納できる量を事前に目安を確認しておくべきです。
収納できない場合などは宅配便や後日別の方法で配送する事を視野にいれるべきとなります。

当日引越し当日 ゴミ

引越し当日に困るのはゴミの出し方でしょう。
『ダンボール』これはつぶして、きちんと縛った上で粗大ごみか、資源収集の日に捨てないといけません。
当然、事前にゴミの回収日を確認しておくことがよいでしょう。
引越し業者のダンボールを用いている場合後日回収してくれる業者もいると思いますので、要確認すべきです。

引越し当日 ご飯

引越しの当日はダンボールに詰め込んでいったり、どこに食器をしまったか分からなくなったりするので、当日の食事は、1日3食も自炊するのは相当困難だと思います。
電気・ガスなどの通電が終わっている場合は、調理も可能だとは思いますが、何かと疲れていることが多いと思いますので、気軽に取れる食事が無難だと思います。

この為引越しの際には、出前というのも1つの手です。

或いはカップラーメン等でも問題ないという人は電気ケトルかヤカンさえあれば、問題ないと思います。コンビニ弁当で済ませることも可能でしょう。
一層レストラン等の外食で済ませるのが最も楽な方法かも知れません。